Fedora 29
Sponsored Link

Docker : Docker Swarm を利用する
2018/11/07
 
Docker Swarm を利用して、複数の Docker ホストでクラスター環境を構成します。
当例では以下の 3台の Docker ホストを使用して設定します。
Swarm クラスターではマネージャーノード [Manager nodes] とワーカーノード [Worker nodes] の二つの役割がありますが、 いずれの役割も複数ノード設定可能ですが、当例では以下のように node01 をマネージャーノード、その他をワーカーノードとして設定します。
 -----------+---------------------------+--------------------------+------------
            |                           |                          |
        eth0|10.0.0.51              eth0|10.0.0.52             eth0|10.0.0.53
 +----------+-----------+   +-----------+----------+   +-----------+----------+
 | [ node01.srv.world ] |   | [ node02.srv.world ] |   | [ node03.srv.world ] |
 |       Manager        |   |        Worker        |   |        Worker        |
 +----------------------+   +----------------------+   +----------------------+

[1]
当例では、Firewalld 停止 および SELnux は Permissive または Disabled を前提に進めます。
[2]
[3] 全ノードでライブリストアオプションを無効化しておきます。ライブリストアとSwarmモードは共存不可です。
[root@node01 ~]#
vi /etc/sysconfig/docker
# 4行目:コメント化し5行目に [live-restore] を削除した行を追記

# ライブリストアとSwarmモードは共存不可

#
OPTIONS='--selinux-enabled --log-driver=journald --live-restore'
OPTIONS='--selinux-enabled --log-driver=journald'
[root@node01 ~]#
systemctl restart docker

[4] マネージャーノードで Swarm クラスターの設定をします。
[root@node01 ~]#
docker swarm init

Swarm initialized: current node (pojsu8tvixbfwpnrsj2tadlwg) is now a manager.

To add a worker to this swarm, run the following command:

    docker swarm join \
    --token SWMTKN-1-2kvisbt5skhhq4temzsqn21vgjdfgn7mowe01dsorgaduamx80-c04zx7stbda65p8d56iiajg4m \
    10.0.0.51:2377

To add a manager to this swarm, run 'docker swarm join-token manager' and follow the instructions.
[5] ワーカーノードから Swarm クラスターへの参加を実行します。
実行コマンドはマネージャーノードで swarm init した際に表示されたコマンドをそのまま実行すれば OK です。
[root@node02 ~]# docker swarm join \
--token SWMTKN-1-2kvisbt5skhhq4temzsqn21vgjdfgn7mowe01dsorgaduamx80-c04zx7stbda65p8d56iiajg4m \
10.0.0.51:2377
This node joined a swarm as a worker.
[6] ワーカーノードが正常に Swarm クラスターに参加できていれば、マネージャーノードで node ls するとクラスター参加ノードの一覧が表示されます。
[root@node01 ~]#
docker node ls

ID                           HOSTNAME          STATUS  AVAILABILITY  MANAGER STATUS
pojsu8tvixbfwpnrsj2tadlwg *  node01.srv.world  Ready   Active        Leader
tjjn75t9tmhmfwk6ftoz1gsp0    node03.srv.world  Ready   Active
vq7ycrxgpf8jhri1x1md5t5ry    node02.srv.world  Ready   Active
[7]
Swarm クラスターが正常に設定できたら、次に Swarm クラスターで提供するサービスを設定します。
当例では、こちらの例で作成したような httpd サービスを提供するコンテナイメージを利用して設定します。 コンテナイメージは全ノードで準備しておきます。ただし、当例では動作確認のため HTTP アクセス時の表示メッセージはノード毎に異なるものを設定しています。
[8] コンテナイメージが準備できたら、マネージャーノードでサービスを定義します。
サービス起動後は、マネージャーノードの設定したポート宛てにアクセスすると、サービスに設定したレプリカのノード数分の Dockerノードが応答します。 クラスター内のノードへのアクセスはラウンドロビン方式で振り分けられるため、アクセスごとに応答ノードが切り替わります。
[root@node01 ~]#
docker images

REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED             SIZE
web_server          latest              016a56dd6080        11 minutes ago      512 MB
docker.io/fedora    latest              8c568f104326        3 hours ago         267 MB

# レプリカ数 2 でサービスを新規作成する

[root@node01 ~]#
docker service create --name swarm_cluster --replicas=2 -p 80:80 web_server:latest

1xixq7jmy6la590k3d54uin0k
# サービスの一覧を表示する

[root@node01 ~]#
docker service ls

ID            NAME           MODE        REPLICAS  IMAGE
1xixq7jmy6la  swarm_cluster  replicated  2/2       web_server:latest

# サービスを調査する

[root@node01 ~]#
docker service inspect swarm_cluster --pretty

ID:             1xixq7jmy6la590k3d54uin0k
Name:           swarm_cluster
Service Mode:   Replicated
 Replicas:      2
Placement:
UpdateConfig:
 Parallelism:   1
 On failure:    pause
 Max failure ratio: 0
ContainerSpec:
 Image:         web_server:latest
Resources:
Endpoint Mode:  vip
Ports:
 PublishedPort 80
  Protocol = tcp
  TargetPort = 80

# サービスの稼働状況を表示する

[root@node01 ~]#
docker service ps swarm_cluster

ID            NAME             IMAGE              NODE              DESIRED STATE  CURRENT STATE          ERROR  PORTS
sgro87htqs3h  swarm_cluster.1  web_server:latest  node03.srv.world  Running        Running 7 minutes ago
a5vqor24ceg1  swarm_cluster.2  web_server:latest  node01.srv.world  Running        Running 7 minutes ago

# マネージャーノードにアクセスして動作確認

# ラウンドロビン方式で各ノードへ振り分けられる

[root@node01 ~]#
curl http://node01.srv.world/

node02
[root@node01 ~]#
curl http://node01.srv.world/

node03
[root@node01 ~]#
curl http://node01.srv.world/

node02
[root@node01 ~]#
curl http://node01.srv.world/

node03
[9] 設定したサービスのレプリカ数を変更したい場合は以下のように設定します。
# レプリカ数を 3 に変更する

[root@node01 ~]#
docker service scale swarm_cluster=3

swarm_cluster scaled to 3
[root@node01 ~]#
docker service ps swarm_cluster

ID            NAME             IMAGE              NODE              DESIRED STATE  CURRENT STATE             ERROR  PORTS
sgro87htqs3h  swarm_cluster.1  web_server:latest  node03.srv.world  Running        Running 10 minutes ago
a5vqor24ceg1  swarm_cluster.2  web_server:latest  node01.srv.world  Running        Running 10 minutes ago
obm0zzilqptz  swarm_cluster.3  web_server:latest  node02.srv.world  Running        Preparing 14 seconds ago

# アクセスして動作確認

[root@node01 ~]#
curl http://node01.srv.world/

node02
[root@node01 ~]#
curl http://node01.srv.world/

node03
[root@node01 ~]#
curl http://node01.srv.world/

node01
関連コンテンツ