Fedora 28
Sponsored Link

Squid : Basic 認証の設定
2018/05/13
 
Basic 認証の設定をして、Squid の接続に認証が必要なように制限します。
[1] ユーザー登録の際に必要となる htpasswd コマンドが含まれるパッケージをインストールしておきます。
[root@prox ~]#
dnf -y install httpd-tools
[2] Squid への Basic 認証の設定です。
[root@prox ~]#
vi /etc/squid/squid.conf
acl CONNECT method CONNECT
# 28行目:Basic 認証の設定を追記

auth_param basic program /usr/lib64/squid/basic_ncsa_auth /etc/squid/.htpasswd
auth_param basic children 5
auth_param basic realm Squid Basic Authentication
# 再認証を必要とする間隔

auth_param basic credentialsttl 5 hours
acl password proxy_auth REQUIRED
http_access allow password
[root@prox ~]#
systemctl restart squid

# ユーザー登録 : -c でファイル新規作成 (-c は初回のみ付与)

[root@prox ~]#
htpasswd -c /etc/squid/.htpasswd fedora

New password:    
# パスワード設定

Re-type new password:
Adding password for user fedora
プロキシクライアントの設定 : Fedora
[3] Fedora クライアントの場合の Basic 認証の設定です。
[root@client ~]#
vi /etc/profile.d/proxy.sh
# 新規作成 (プロキシサーバーを環境変数に設定)

# ユーザー名:パスワード@プロキシサーバー

MY_PROXY_URL="fedora:password@prox.srv.world:3128"

HTTP_PROXY=$MY_PROXY_URL
HTTPS_PROXY=$MY_PROXY_URL
FTP_PROXY=$MY_PROXY_URL
http_proxy=$MY_PROXY_URL
https_proxy=$MY_PROXY_URL
ftp_proxy=$MY_PROXY_URL

export HTTP_PROXY HTTPS_PROXY FTP_PROXY http_proxy https_proxy ftp_proxy

[root@client ~]#
source /etc/profile.d/proxy.sh
# 以上でシステム全体に適用されるが、dnf や wget 個別に設定もできる

# dnf の個別設定

[root@client ~]#
vi /etc/dnf/dnf.conf
# 最終行に追記

proxy=prox.srv.world:3128
proxy_username=fedora
proxy_password=password
# wget の個別設定

[root@client ~]#
vi /etc/wgetrc
# 最終行に追記

http_proxy = prox.srv.world:3128
https_proxy = prox.srv.world:3128
ftp_proxy = prox.srv.world:3128
proxy_user = fedora
proxy_passwd = password
プロキシクライアントの設定 : Windows
[4] Windows クライアントの場合、通常のプロキシの設定をした状態で Web アクセスすると、設定した Basic 認証にしたがって、以下のように認証を求められるので、認証すると通常通り Web アクセスできます。
関連コンテンツ
 
Tweet