Fedora 22
Sponsored Link

VNCサーバーの設定
2015/05/29
 
VNCサーバーを導入してクライアントPCからグラフィカルにリモート接続できるようにします。
デスクトップ環境は LXDEデスクトップ導入済みとして進めていきます。
[1] VNCサーバーをインストールし、VNC接続を設定したいユーザーに遷移して、VNCパスワードを設定します。
[root@dlp ~]#
dnf -y install tigervnc-server
[root@dlp ~]#
su - fedora
   
# VNCを設定するユーザーに遷移

[fedora@dlp ~]$
vncpasswd
   
# VNC用パスワード設定

Password:    
# 入力

Verify:    
# 再入力
[root@dlp ~]#
vi ~/.vnc/xstartup
# 以下をコメントにして追記

#
exec /etc/X11/xinit/xinitrc
exec /usr/bin/lxsession
# ディスプレイ番号「1」、解像度「800x600 」、色深度「24」でVNCサーバー起動

[fedora@dlp ~]$
vncserver :1 -geometry 800x600 -depth 24

[2]
サーバー側の次は、クライアントPCにVNCクライアントを入れます。Windows 8.1 を例にします。
下記サイトより、最新版の UltraVNC をダウンロードします。
ダウンロードしたらインストールして、「UltraVNC Viewer」をクリックして起動します。 以下の画面になります。「VNC Server」の欄に「サーバーのホスト名またはIPアドレス:[1]で指定したディスプレイ番号」と指定し、 「Connect」ボタンをクリックします。
[3] 以下の画面になるので[1]で設定したパスワードを入力します。
[4] 接続できました。
関連コンテンツ
 
Tweet