Fedora 13
Sponsored Link

Fedora Live USB Creator インストール
2010/06/05
  Fedora Live USB Creator で USBメモリに Fedora をインストールし、USBメモリから起動できるできるようにします。

[1] Fedora Live USB Creator インストール
[root@dlp ~]#
yum -y install liveusb-creator

[2] USBメモリを前もって挿しておきます。それから「アプリケーション」-「システムツール」-「liveusb-creator」を開きます。 ここで、「Browse」ボタンをクリックして前もってダウンロードしておいたISOファイル(Live版)を選択します。 また、「Persistent Storage」の欄では、USBメモリ内に作成するデータ保存領域のサイズを指定します。 全て設定した後「Create Live USB」をクリックして開始します。
 
[3] 以下のように全て完了したら右上の×ボタンをクリックして終了します。
 
[4] USBメモリを挿したまま再起動します。このときBIOSの設定でUSBデバイスの起動順位を最優先に変更しておきます。 すると、以下のようにUSBメモリ内の Fedora 13 で起動することができます。操作感は良好でライブCDよりだいぶ早いです。
 
関連コンテンツ
 
Tweet