Fedora 10
Sponsored Link

WebDAVの設定
2008/11/30
  WebDAVを利用したファイルサーバーの設定です。

[1] 例として /home ディレクトリ直下に、所有者は Apache の権限でアクセスされるため「apache」に, 所属グループは「security」として、 ユーザー認証が必要な「security」という共有フォルダを作成し、「fedora」ユーザーで認証してSSL通信でのみ利用できるようにします。
[root@www ~]#
groupadd security

[root@www ~]#
mkdir /home/security

[root@www ~]#
chown apache:security /home/security

[root@www ~]#
chmod 2770 /home/security

[root@www ~]#
vi /etc/httpd/conf.d/webdav.conf


Alias /share /home/security
<Location /share>
   DAV On
   SSLRequireSSL
   Options None
   AuthType Basic
   AuthName WebDAV
   AuthUserFile /etc/httpd/conf/.htpasswd
   <LimitExcept GET OPTIONS>
       Order allow,deny
       Allow from 192.168.0.
# アクセス元許可リスト

       Require valid-user
   </LimitExcept>
</Location>


[root@www ~]#
htpasswd -b -c /etc/httpd/conf/.htpasswd fedora password

Adding password for user fedora
[root@www ~]#
/etc/rc.d/init.d/httpd restart

Stopping httpd:
[ OK ]

Starting httpd:
[ OK ]

(1) 「マイネットワーク」を開き、1番上の「ネットワークプレースを追加する」をクリックします。
 
(2) 「次へ」をクリック
 
(3) 「次へ」をクリック
 
(4) 共有フォルダのアドレスを指定します。
 
(5) 独自証明書なのでもちろん警告が出ます。もちろん「はい」をクリック。
 
(6) 共有フォルダの名前です。テキトーに短く分かりやすいものにします。
 
(7) 「完了」をクリック
 
(8) ユーザー名とパスワードを求められるので [1] で指定したものを入力して「OK」します。
 
(9) アクセスできました。
 
関連コンテンツ
 
Tweet