Debian 9 Stretch
Sponsored Link

Docker : インストール
2017/08/03
 
コンテナー型仮想化ツール Docker をインストールします。
[1] Docker をインストールして起動します。
root@dlp:~#
apt -y install apt-transport-https ca-certificates software-properties-common
root@dlp:~#
wget https://download.docker.com/linux/debian/gpg

root@dlp:~#
apt-key add gpg

OK
root@dlp:~#
add-apt-repository "deb https://download.docker.com/linux/debian stretch stable"

root@dlp:~#
apt update

root@dlp:~#
apt install docker-ce
root@dlp:~#
systemctl start docker

root@dlp:~#
systemctl enable docker

[2] Debian のイメージファイル (debian) を公式リポジトリからダウンロードし、コンテナー環境内から [echo] を実行します。
# イメージをダウンロード

root@dlp:~#
docker pull debian
# コンテナー環境から echo 実行

root@dlp:~#
docker run debian /bin/echo "Welcome to the Docker World!"

Welcome to the Docker World!
[3] コンテナー環境の対話型シェルセッションに接続するには以下のように [i] オプションと [t] オプションを付与します。 コンテナー環境内で [exit] すると、ホストのコンソールに戻ってコンテナー環境のプロセスは終了します。
root@dlp:~#
docker run -it debian /bin/bash

root@b1a3e647c900:/#    
# コンテナー環境のコンソール
root@b1a3e647c900:/#
exit

exit
root@dlp:~#    
# 戻った
[4] コンテナー環境の対話型シェルセッションからコンテナー環境のプロセスを残したまま、ホストのコンソールに戻るには [Ctrl+p], [Ctrl+q] キーを押下します。
root@dlp:~#
docker run -it debian /bin/bash

root@ba8481569c85:/# root@dlp:~#    
# Ctrl+p, Ctrl+q でホストに戻る
# docker プロセス表示

root@dlp:~#
docker ps

CONTAINER ID  IMAGE    COMMAND       CREATED         STATUS         PORTS   NAMES
ba8481569c85  debian   "/bin/bash"   29 seconds ago  Up 28 seconds          eager_snyder

# 再びコンテナー環境に接続

root@dlp:~#
docker attach ba8481569c85

root@ba8481569c85:/#
# ホスト側からコンテナー環境のプロセスを終了する

root@dlp:~#
docker kill ba8481569c85

ba8481569c85
root@dlp:~#
docker ps

CONTAINER ID     IMAGE           COMMAND      CREATED          STATUS          PORTS     NAMES
関連コンテンツ