Debian 6.0
Sponsored Link

proxy_httpを使う
2011/03/10
  proxy_http モジュールを有効にして、特定のコンテンツへのリクエストを別のWebサーバーに転送します。

(1) www.srv.world     [10.0.0.31]     - Webサーバー#1
(2) mail.srv.world     [10.0.0.32]     - Webサーバー#2

(1)のサーバーの /proxy 以下のリクエストを(2)のサーバーの /test 以下へ転送するように(1)のサーバーに設定します。

[1] proxy_http モジュールを有効にする
root@www:~#
a2enmod proxy proxy_http

Enabling module proxy.
Considering dependency proxy for proxy_http:
Module proxy already enabled
Enabling module proxy_http.
Run '/etc/init.d/apache2 restart' to activate new configuration!
root@www:~#
vi /etc/apache2/mods-enabled/proxy.conf


# 13行目:以下のように変更

ProxyRequests On
<Proxy *>
    AddDefaultCharset off
    Order deny,allow
#     Deny from all
#     #Allow from .example.com
   
Allow from all

</Proxy>
[2] 転送の設定
root@www:~#
vi /etc/apache2/sites-available/default


# テキトーに下の方に追記

<Location /proxy>

ProxyPass http://mail.srv.world/test

ProxyPassReverse http://mail.srv.world/test

</Location>

</VirtualHost>

root@www:~#
/etc/init.d/apache2 restart

Restarting web server: apache2 ... waiting .
[3] 設定したディレクトリにアクセスして、設定通りバックエンドサーバーが応答しているか確認します。
 
関連コンテンツ
 
Tweet