Debian 11 Bullseye
Sponsored Link

Prometheus : 監視対象ノードを追加する
2021/09/17
 
監視対象ノードを追加したい場合は以下のように設定します。
[1] CPU やメモリーなどの一般的なシステムリソースのデータを取得する [node-exporter] パッケージを、新たに追加したいノードへインストールします。
root@node01:~#
apt -y install prometheus-node-exporter
[2] Prometheus サーバー側で設定を追加します。
root@dlp:~#
vi /etc/prometheus/prometheus.yml
.....
.....
scrape_configs:
  # The job name is added as a label `job=<job_name>` to any timeseries scraped from this config.
  - job_name: 'prometheus'

    # metrics_path defaults to '/metrics'
    # scheme defaults to 'http'.

    static_configs:
    - targets: ['localhost:9090']

  # 44行目 : targets にホストを追加
    - job_name: node
    static_configs:
      - targets: ['localhost:9100', 'node01.srv.world:9100']

  # または、グループを分けたい場合は上例ではなく
  # 以下のように [job_name] セクションを追加して設定する
  # [job_name] は任意の名前
  - job_name: Hiroshima
    static_configs:
      - targets: ['node01.srv.world:9100']

root@dlp:~#
systemctl restart prometheus
[3] Prometheus Web UI へアクセスし、[Status] - [Targets] をクリックして、設定したホストが追加されているか確認します。
[4] クエリーを直接入力することでジョブやノードを絞って表示することもできます。
下例は node_load5{job="Hiroshima"} に含まれるノードを表示
[5] 下例は node_procs_running{instance=~"node01.*"} に合致するノードを表示
関連コンテンツ