Debian 11 Bullseye
Sponsored Link

NTP サーバー : NTP クライアントの設定
2021/08/17
 
NTP クライアントの設定です。
 
デフォルトで NTP クライアント機能のみを実装した [systemd-timesyncd.service] が起動しているため、時刻同期先の参照先サーバーを変更するのみです。
なお、NTPdChrony を NTP クライアントとして利用することもできます。
その場合は、他ホストからの時刻同期要求を許可するネットワーク範囲を設定しないようにしておきます。
[1] [systemd-timesyncd.service] の設定です。
root@client:~#
systemctl status systemd-timesyncd

*  systemd-timesyncd.service - Network Time Synchronization
     Loaded: loaded (/lib/systemd/system/systemd-timesyncd.service; enabled; ve>
     Active: active (running) since Mon 2021-08-16 19:23:47 PDT; 32s ago
       Docs: man:systemd-timesyncd.service(8)
   Main PID: 320 (systemd-timesyn)
     Status: "Initial synchronization to time server 129.250.35.251:123 (2.debi>
      Tasks: 2 (limit: 4675)
     Memory: 1.1M
        CPU: 47ms
     CGroup: /system.slice/systemd-timesyncd.service
.....
.....

root@client:~#
vi /etc/systemd/timesyncd.conf
# 最終行に時刻同期したい NTP サーバーを追記

NTP=dlp.srv.world
root@client:~#
systemctl restart systemd-timesyncd
root@client:~#
timedatectl timesync-status

       Server: 10.0.0.30 (dlp.srv.world)
Poll interval: 1min 4s (min: 32s; max 34min 8s)
         Leap: normal
      Version: 4
      Stratum: 2
    Reference: 85F3EEA4
    Precision: 1us (-25)
Root distance: 13.045ms (max: 5s)
       Offset: -43us
        Delay: 536us
       Jitter: 0
 Packet count: 1
    Frequency: +1.753ppm
関連コンテンツ