Debian 11 Bullseye
Sponsored Link

Apache2 : ブログシステム : WordPress
2021/09/08
 
ブログシステム WordPress をインストールします。
[1]
[2]
[3] 必要な PHP モジュールを追加インストールして、WordPress 用に PHP の設定を調整します。
root@www:~#
apt -y install php-common php-gd php-mysql php-enchant hunspell

root@www:~#
vi /etc/php/7.4/fpm/pool.d/www.conf
# 最終行に追記

# サーバースペックや WordPress の使用状況に応じて要調整
php_value[max_execution_time] = 600
php_value[memory_limit] = 2G
php_value[post_max_size] = 2G
php_value[upload_max_filesize] = 2G
php_value[max_input_time] = 600
php_value[max_input_vars] = 2000
php_value[date.timezone] = Asia/Tokyo

root@www:~#
systemctl restart php7.4-fpm

[4] WordPress 用のユーザーとデータベースを作成しておきます。
root@www:~#
mysql

Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 52
Server version: 10.5.11-MariaDB-1 Debian 11

Copyright (c) 2000, 2018, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]> create database wordpress; 
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> grant all privileges on wordpress.* to wordpress@'localhost' identified by 'password'; 
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> flush privileges; 
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> exit 
Bye
[5] Apache2 に WordPress サイトの設定をします。
# WordPress 日本語版ダウンロード

root@www:~#
wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz

root@www:~#
tar zxvf latest-ja.tar.gz -C /var/www/

root@www:~#
chown -R www-data. /var/www/wordpress

root@www:~#
vi /etc/apache2/conf-available/wordpress.conf
# 新規作成

Timeout 600
ProxyTimeout 600

Alias /wordpress "/var/www/wordpress/"
<Directory "/var/www/wordpress">
    Options FollowSymLinks
    AllowOverride All
    Require all granted

    <FilesMatch \.(php|phar)$>
        SetHandler "proxy:unix:/var/run/php/php7.4-fpm.sock|fcgi://localhost/"
    </FilesMatch>
</Directory>

root@www:~#
a2enconf wordpress

Enabling conf wordpress.
To activate the new configuration, you need to run:
  systemctl reload apache2

root@www:~#
systemctl reload apache2

[6] 任意のクライアントコンピューターから Webブラウザで [(サーバーのホスト名 または IP アドレス)/wordpress/] へアクセスすると以下のような画面が表示されます。 [さあ、始めましょう!] をクリックして初期セットアップを実行します。
[7] データベース接続の設定をします。 [4] で作成した MariaDB データベースとユーザーを指定します。 テーブル接頭辞は特別な要件がなければデフォルトのままで OK です。
[8] [インストール実行] をクリックします。
[9] サイトのタイトルや、任意の WordPress 管理者ユーザー名とパスワードを設定します。
[10] [成功しました!] と表示されればセットアップ完了です。[ログイン] をクリックして次へ進みます。
[11] [9] で設定した管理者ユーザーでログインします。
[12] WordPress の管理画面です。ここから日々の投稿等の管理作業が実行可能です。
[13] ブログのトップページは、当サイトのように設定した場合は、[(サーバーのホスト名 または IP アドレス)/wordpress/] となります。 テスト投稿をしてみて、正常に表示されることを確認しておくとよいでしょう。
関連コンテンツ