Debian 11 Bullseye
Sponsored Link

Ceph Nautilus : CephFS + NFS-Ganesha
2021/08/26
 
NFS-Ganesha をインストールして、Ceph ファイルシステムを NFS マウントできるようにします。
[1] CephFS 設定ノードで NFS-Ganesha をインストールして設定します。
root@node01:~#
apt -y install nfs-ganesha-ceph
root@node01:~#
mv /etc/ganesha/ganesha.conf /etc/ganesha/ganesha.conf.org

root@node01:~#
vi /etc/ganesha/ganesha.conf
# 新規作成

NFS_CORE_PARAM {
    # NLM は無効にする
    Enable_NLM = false;
    # CephFS では RQUOTA は未サポートのため無効にする
    Enable_RQUOTA = false;
    # NFS プロトコル
    Protocols = 4;
}
EXPORT_DEFAULTS {
    # デフォルトのアクセスモード
    Access_Type = RW;
}
EXPORT {
    # 任意の一意な ID
    Export_Id = 101;
    # CephFS のマウントパス
    Path = "/";
    FSAL {
        name = CEPH;
        # このノードのホスト名 または IP アドレス
        hostname="10.0.0.51";
    }
    # root Squash 設定
    Squash="No_root_squash";
    # NFSv4 Pseudo 用の疑似ファイルシステムのパス
    Pseudo="/vfs_ceph";
    # 許可するセキュリティオプション
    SecType = "sys";
}
LOG {
    # デフォルトのログレベル
    Default_Log_Level = WARN;
}

root@node01:~#
systemctl restart nfs-ganesha
[2] 任意のクライアントコンピューターで NFS マウントして確認します。
root@client:~#
apt -y install nfs-common
# サーバー側の ganesha.conf で [Pseudo=***] に設定したパスを指定

root@client:~#
mount -t nfs4 node01.srv.world:/vfs_ceph /mnt

root@client:~#
df -hT

Filesystem                  Type      Size  Used Avail Use% Mounted on
udev                        devtmpfs  2.0G     0  2.0G   0% /dev
tmpfs                       tmpfs     394M  524K  393M   1% /run
/dev/mapper/debian--vg-root ext4       28G  1.2G   26G   5% /
tmpfs                       tmpfs     2.0G     0  2.0G   0% /dev/shm
tmpfs                       tmpfs     5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
/dev/vda1                   ext2      470M   48M  398M  11% /boot
tmpfs                       tmpfs     394M     0  394M   0% /run/user/0
node01.srv.world:/vfs_ceph  nfs4       75G     0   75G   0% /mnt
関連コンテンツ