CentOS Stream 9
Sponsored Link

Prometheus : 監視対象ノードを追加する
2022/11/17
 
監視対象ノードを追加したい場合は以下のように設定します。
[1] CPU やメモリーなどの一般的なシステムリソースのデータを取得する [node-exporter] パッケージを、新たに追加したいノードへインストールします。
[root@node01 ~]# cat > /etc/yum.repos.d/prometheus.repo <<'EOF' 
[prometheus]
name=prometheus
baseurl=https://packagecloud.io/prometheus-rpm/release/el/$releasever/$basearch
repo_gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=https://packagecloud.io/prometheus-rpm/release/gpgkey
       https://raw.githubusercontent.com/lest/prometheus-rpm/master/RPM-GPG-KEY-prometheus-rpm
gpgcheck=1
metadata_expire=300
EOF 

[root@node01 ~]#
update-crypto-policies --set DEFAULT:SHA1

[root@node01 ~]#
dnf -y install node_exporter
[root@node01 ~]#
systemctl enable --now node_exporter
[2] Firewalld を有効にしている場合は、ポートの許可が必要です。
[root@node01 ~]#
firewall-cmd --add-port=9100/tcp

success
[root@node01 ~]#
firewall-cmd --runtime-to-permanent

success
[3] Prometheus サーバー側で設定を追加します。
[root@dlp ~]#
vi /etc/prometheus/prometheus.yml
.....
.....
scrape_configs:
  # The job name is added as a label `job=<job_name>` to any timeseries scraped from this config.
  - job_name: 'prometheus'

    # metrics_path defaults to '/metrics'
    # scheme defaults to 'http'.

    static_configs:
    - targets: ['localhost:9090']

  # 33行目 : targets にホストを追加
    - job_name: node
    static_configs:
      - targets: ['localhost:9100', 'node01.srv.world:9100']

  # または、グループを分けたい場合は上例ではなく
  # 以下のように [job_name] セクションを追加して設定する
  # [job_name] は任意の名前
  - job_name: Hiroshima
    static_configs:
      - targets: ['node01.srv.world:9100']

[root@dlp ~]#
systemctl restart prometheus
[4] Prometheus Web UI へアクセスし、[Status] - [Targets] をクリックして、設定したホストが追加されているか確認します。
[5] クエリーを直接入力することでジョブやノードを絞って表示することもできます。
下例は node_load5{job="Hirosima"} に含まれるノードを表示
[6] 下例は node_procs_running{instance=~"node01.*"} に合致するノードを表示
関連コンテンツ