CentOS Stream 8
Sponsored Link

OKD 4 : Web コンソールへアクセスする
2022/04/19
 
OKD 4 クラスターの Web コンソールへアクセスします。
当例では以下のような環境を例に OKD 4 クラスターを構成しています。
--------------+----------------+
              |10.0.0.25       |
+-------------+-------------+  |
|   [mgr.okd4.srv.world]    |  |
|        Manager Node       |  |
|           DNS             |  |
|          Nginx            |  |
+---------------------------+  |
                               |
--------------+----------------+-----------------+--------------
              |10.0.0.40                         |10.0.0.60
+-------------+-------------+     +--------------+-------------+
| [master-0.okd4.srv.world] |     |   [node-0.okd4.srv.world]  |
|      Control Plane        |     |        Compute Node        |
|                           |     |                            |
|                           |     |                            |
+---------------------------+     +----------------------------+

[1] Manager ノードでアクセスパスと認証情報を確認します。
当例の場合、[https://console-openshift-console.apps.okd4.srv.world] がアクセス先 URL になります。
[root@mgr ~]#
oc get routes -A

NAMESPACE                  NAME                HOST/PORT                                                    PATH   SERVICES            PORT    TERMINATION            WILDCARD
openshift-authentication   oauth-openshift     oauth-openshift.apps.okd4.srv.world                                 oauth-openshift     6443    passthrough/Redirect   None
openshift-console          console             console-openshift-console.apps.okd4.srv.world                       console             https   reencrypt/Redirect     None
openshift-console          downloads           downloads-openshift-console.apps.okd4.srv.world                     downloads           http    edge/Redirect          None
openshift-ingress-canary   canary              canary-openshift-ingress-canary.apps.okd4.srv.world                 ingress-canary      8080    edge/Redirect          None
openshift-monitoring       alertmanager-main   alertmanager-main-openshift-monitoring.apps.okd4.srv.world   /api   alertmanager-main   web     reencrypt/Redirect     None
openshift-monitoring       grafana             grafana-openshift-monitoring.apps.okd4.srv.world                    grafana             https   reencrypt/Redirect     None
openshift-monitoring       prometheus-k8s      prometheus-k8s-openshift-monitoring.apps.okd4.srv.world             prometheus-k8s      web     reencrypt/Redirect     None
openshift-monitoring       thanos-querier      thanos-querier-openshift-monitoring.apps.okd4.srv.world      /api   thanos-querier      web     reencrypt/Redirect     None
# [SERVICES] - [console] が該当

[root@mgr ~]#
cat okd4/auth/kubeadmin-password

aaaaa-bbbbb-ccccc-ddddd
[2]
Manager ノードにデスクトップ環境インストール済みであれば、Manager ノード上で Web ブラウザーを起動すればアクセスできます。
その他のコンピューターであれば、DNS の参照先に Manager ノードを追加する、あるいは、
Manager ノードの DNS 設定と同様に名前解決可能なコンピューターであれば、アクセス可能です。
当例の場合だと、アクセスしたいクライアントコンピューターが [*.apps.okd4.srv.world] の名前をすべて [10.0.0.25] で解決できる必要があります。
アクセスするとログイン画面が表示されます。
ユーザー [kubeadmin], パスワードは [1] で確認したパスワードでログインできます。
関連コンテンツ