CentOS Stream 8
Sponsored Link

Nagios 4 : 監視対象項目を追加する
2021/06/03
 
デフォルトの監視対象項目以外にも、様々な項目を監視対象として追加できます。
チェックプログラムを自身で作成して追加することも可能ですが、プラグインとしてパッケージで提供されているものも多数あるため、 主要な項目は容易に監視対象として追加可能です。さらに、以下のサイトではパッケージで提供されていないプラグインも多数提供されています。
⇒ http://exchange.nagios.org/
[1] プラグインはパッケージでも多数提供されています。
# EPEL を利用

[root@dlp ~]#
dnf --enablerepo=epel search nagios-plugins-

nagios-plugins-nt.x86_64 : Nagios Plugin - check_nt
nagios-plugins-ntp.x86_64 : Nagios Plugin - check_ntp
nagios-plugins-ssh.x86_64 : Nagios Plugin - check_ssh
nagios-plugins-all.x86_64 : Nagios Plugins - All plugins
nagios-plugins-apt.x86_64 : Nagios Plugin - check_apt
nagios-plugins-dbi.x86_64 : Nagios Plugin - check_dbi
nagios-plugins-dig.x86_64 : Nagios Plugin - check_dig
nagios-plugins-dns.x86_64 : Nagios Plugin - check_dns
.....
.....
nagios-plugins-disk_smb.x86_64 : Nagios Plugin - check_disk_smb
nagios-plugins-file_age.x86_64 : Nagios Plugin - check_file_age
nagios-plugins-ifstatus.x86_64 : Nagios Plugin - check_ifstatus
nagios-plugins-mrtgtraf.x86_64 : Nagios Plugin - check_mrtgtraf
nagios-plugins-ide_smart.x86_64 : Nagios Plugin - check_ide_smart
nagios-plugins-ifoperstatus.x86_64 : Nagios Plugin - check_ifoperstatus
nagios-plugins-remove_perfdata.x86_64 : Nagios plugin tool to remove perf data
[2] 例として [check_ntp] を追加して NTP サーバーとの時間のずれを監視項目として追加します。
[root@dlp ~]#
dnf --enablerepo=epel -y install nagios-plugins-ntp
[root@dlp ~]#
vi /etc/nagios/objects/commands.cfg
# 最終行にコマンドの定義を追記

define command {
    command_name    check_ntp_time
    command_line    $USER1$/check_ntp_time -H $ARG1$ -w $ARG2$ -c $ARG3$
}

[root@dlp ~]#
vi /etc/nagios/objects/localhost.cfg
# 最終行に監視の定義を追記

# NTP サーバーとの時間が1秒差で Warning, 2秒差で Critical

define service {
    use                     local-service
    host_name               localhost
    service_description     NTP_TIME
    check_command           check_ntp_time!ntp.nict.jp!1!2
    notifications_enabled   1
}

[root@dlp ~]#
systemctl restart nagios

[3] 追加設定した監視項目は Nagios 管理サイトにログインすると確認できます。
関連コンテンツ