CentOS 8
Sponsored Link

PXE Boot : IP アドレスを固定する
2020/02/12
 
クライアントコンピューター毎に IP アドレスと起動ルートを固定する場合の設定です。
[1] 事前に、設定を固定したいクライアントコンピューターの MAC アドレスを調べてメモしておきます。
その後、PXE サーバー側の DHCP の設定を変更します。
[root@dlp ~]#
vi /etc/dhcp/dhcpd.conf
.....
.....
    class "pxeclients" {
        match if substring (option vendor-class-identifier, 0, 9) = "PXEClient";
        next-server dlp.srv.world;

        if option architecture-type = 00:07 {
            filename "BOOTX64.EFI";
        }
        else {
            filename "pxelinux.0";
        }
    }
}

# 最終行に追記
# ホスト名は任意の名前
host dlp001 {
    # クライアントコンピューターの MAC アドレス
    hardware ethernet 52:54:00:ec:ac:1c;
    # 固定する IP アドレス
    fixed-address 10.0.0.201;
    option host-name "dlp001";
    filename "pxelinux.0";
}

[root@dlp ~]#
systemctl restart dhcpd

[2] [1] で設定したクライアントコンピューター用の起動ルートを設定します。
当例では、[nfs:10.0.0.30:/var/lib/tftpboot/centos8/root] として進めます。
# [1] で固定した IP アドレスを 16進数に変換する

# 当例の場合は [10.0.0.201] を16進数に変換

[root@dlp ~]#
printf "%02X" 10; printf "%02X" 0; printf "%02X" 0; printf "%02X\n" 201;

0A0000C9
# 16進数に変換した値をファイル名にして設定を新規作成

[root@dlp ~]#
vi /var/lib/tftpboot/pxelinux.cfg/0A0000C9
default centos8

label centos8
    kernel centos8/vmlinuz
    append initrd=centos8/initrd.img root=nfs:10.0.0.30:/var/lib/tftpboot/centos8/root rw selinux=0 
[3] 以上で設定完了です。
設定した MAC アドレスのクライアントコンピューターは特定の設定でシステムが起動します。
関連コンテンツ