CentOS 8
Sponsored Link

Nagios 4 : インストール
2020/01/15
 
統合監視システム Nagios をインストールして設定します。
[1]
[2]
[3] Nagios をインストールします。
Nagios サーバ自身も監視できるよう基本的な監視項目用のプラグインもインストールします。
# EPELからインストール

[root@dlp ~]#
dnf --enablerepo=epel -y install nagios nagios-plugins-{ping,disk,users,procs,load,swap,ssh,http}
[4] Nagios の設定です。
[root@dlp ~]#
vi /etc/httpd/conf.d/nagios.conf
# 16-17行目:必要に応じてアクセス許可範囲を変更 ( 47-48行目も同様に変更 )

#
Require all granted
Require host 127.0.0.1
10.0.0.0/24
# 管理ユーザー登録

[root@dlp ~]#
htpasswd /etc/nagios/passwd nagiosadmin

New password:    
# パスワード設定

Re-type new password:
Adding password for user nagiosadmin
[root@dlp ~]#
systemctl enable --now nagios

[root@dlp ~]#
systemctl restart httpd

[5] SELinux を有効にしている場合は、ポリシーの変更が必要です。
# EPELからインストール

[root@dlp ~]#
dnf --enablerepo=epel -y install nagios-selinux
[root@dlp ~]#
vi nagios-php.te
# 以下の内容で新規作成

module nagios-php 1.0;

require {
        type httpd_t;
        type nagios_spool_t;
        class file { getattr open read };
}

#============= httpd_t ==============
allow httpd_t nagios_spool_t:file { getattr open read };

[root@dlp ~]#
checkmodule -m -M -o nagios-php.mod nagios-php.te

checkmodule: loading policy configuration from nagios-php.te
checkmodule: policy configuration loaded
checkmodule: writing binary representation (version 19) to nagios-php.mod
[root@dlp ~]#
semodule_package --outfile nagios-php.pp --module nagios-php.mod

[root@dlp ~]#
semodule -i nagios-php.pp

[6] Firewalld を有効にしている場合は、HTTP サービスの許可が必要です。
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --add-service={http,https} --permanent

success
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --reload

success
[7] Nagios サーバーの httpd でアクセス許可したネットワーク範囲内の任意のコンピュータから Webブラウザーを起動して [http://(Nagiosサーバーのホスト名またはIPアドレス)/nagios/] にアクセスします。 認証を求められるので、登録した管理ユーザー [nagiosadmin] で認証します。
[8] 認証が成功すると Nagios のトップページが表示されます。
[9] 左メニューの [Tactical Overview] 等々をクリックすると監視データを閲覧することができます。
関連コンテンツ