CentOS 8
Sponsored Link

Monitorix : インストール
2020/02/19
 
シンプル軽量な Monitorix をインストールしてシステムの状態を監視できるようにします。
[1] Monitorix をインストールします。
# EPELからインストール

[root@dlp ~]#
dnf --enablerepo=epel -y install monitorix perl-CGI perl-HTTP-Server-Simple perl-rrdtool perl-Config-General perl-LWP-Protocol-https perl-LWP-Protocol-http10
[2] Monitorix の設定です。
[root@dlp ~]#
vi /etc/monitorix/monitorix.conf
# 6行目:好みのタイトルに変更
title = Monitorix

# 7行目:自ホスト名に変更
hostname = dlp.server.world

# 8行目:管理サイトの背景色
theme_color = white

# 12行目:ネットワークの単位を bps にする
# デフォルトは Bytes per/sec
netstats_in_bps = y

# 28-43行目:必要に応じて変更
<httpd_builtin>
        enabled = y
        host =
        port = 8080
        user = nobody
        group = nobody
        log_file = /var/log/monitorix-httpd
        # 管理画面へのアクセス権を設定する場合は追記
        hosts_deny = all
        hosts_allow = 10.0.0.0/24
        autocheck_responsiveness = y
        <auth>
                # Basic 認証を設定する場合は [y] に変更
                enabled = n
                msg = Monitorix: Restricted access
                htpasswd = /var/lib/monitorix/htpasswd
        </auth>
</httpd_builtin>

# 76行目:必要に応じて表示するグラフの種類を設定
# Graphs (de)activation
# -----------------------------------------------------------------------------
<graph_enable>
        system          = y
        kern            = y
        proc            = y
        hptemp          = n
        lmsens          = n
        gensens         = n
        ipmi            = n
        ambsens         = n
        nvidia          = n
        disk            = n
.....
.....

[root@dlp ~]#
systemctl enable --now monitorix
[3] Firewalld を有効にしている場合は、サービスポートの許可が必要です。
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --add-port=8080/tcp --permanent

success
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --reload

success
[4] アクセス許可したネットワーク範囲内の任意のコンピュータから Web ブラウザを起動して [(Monitorixサーバーのホスト名 または IP アドレス):8080/monitorix/] にアクセスすると、 Monitorix の管理画面が表示されます。参照したいグラフを選択して [OK] ボタンをクリックするとデータが表示されます。
関連コンテンツ