CentOS 8
Sponsored Link

BIND : 外部ネットワーク向けの設定
2019/10/03
 
DNS (Domain Name System) サーバーを構築して、名前解決サービスが提供できるようにします。
[1] BIND をインストールします。
[root@dlp ~]#
dnf -y install bind bind-utils
[2] 例として、外部ネットワークからも名前解決可能なインターネットサーバー向け DNS として設定します。
下例は、外部ネットワーク [172.16.0.80/29], ドメイン名 [srv.world] の環境の場合の設定です。
( 例示の [172.16.0.80/29] は実際にはプライベート用の IP アドレスです。自身が所有するグローバル IP アドレスに置き換えてください )
[root@dlp ~]#
vi /etc/named.conf
.....
.....
options {
        # 変更 ( 全てリスンする )
        listen-on port 53 { any; };
        # 必要に応じて変更 ( IPv6 でリスンしない場合は [none] を指定 )
        listen-on-v6 { any; };
        directory       "/var/named";
        dump-file       "/var/named/data/cache_dump.db";
        statistics-file "/var/named/data/named_stats.txt";
        memstatistics-file "/var/named/data/named_mem_stats.txt";
        secroots-file   "/var/named/data/named.secroots";
        recursing-file  "/var/named/data/named.recursing";
        # 変更 : 全てのホストから名前解決の問い合わせを受け付ける
        allow-query     { any; };
        # ゾーン情報の転送要求を許可する範囲
        # セカンダリーサーバーが存在する場合は必要に応じて追加
        allow-transfer  { localhost; };

        .....
        .....

        # 変更 : 再帰的な検索は許可しない
        # 自身が持つゾーンへの問い合わせのみ応答する
        recursion no;

        dnssec-enable yes;
        dnssec-validation yes;

        managed-keys-directory "/var/named/dynamic";

        pid-file "/run/named/named.pid";
        session-keyfile "/run/named/session.key";

        /* https://fedoraproject.org/wiki/Changes/CryptoPolicy */
        include "/etc/crypto-policies/back-ends/bind.config";
};

logging {
        channel default_debug {
                file "data/named.run";
                severity dynamic;
        };
};

zone "." IN {
        type hint;
        file "named.ca";
};

include "/etc/named.rfc1912.zones";
include "/etc/named.root.key";

# 自身のネットワークとドメイン名の定義を追記
zone "srv.world" IN {
        type master;
        file "srv.world.wan";
        allow-update { none; };
};
zone "80.0.16.172.in-addr.arpa" IN {
        type master;
        file "80.0.16.172.db";
        allow-update { none; };
};

# もしローカルネットワークで IPv6 を使用していない場合は以下を追記

# IPv4 のみの使用に変更して不要なログを抑制する

[root@dlp ~]#
vi /etc/sysconfig/named
# 最終行に追記

OPTIONS="-4"
# [*.*.*.*.in-addr.arpa] の名称はネットワークアドレスを逆にしたものを指定
# 172.16.0.80/29 の場合
# ネットワークアドレス  ⇒ 172.16.0.80
# ネットワークの範囲   ⇒ 172.16.0.80 - 172.16.0.87
# 指定方法        ⇒ 80.0.16.172.in-addr.arpa
[3]
引き続き、[named.conf] の各ゾーンで指定したゾーンファイルの作成が必要になります。
ゾーンファイルの作成は次項を参照ください
関連コンテンツ