CentOS 8
Sponsored Link

デスクトップ環境 : GNOME デスクトップ インストール
2019/09/26
 
サーバー用途ではデスクトップ環境は必要ない場合も多いですが、ときに必要なアプリケーションが GUI 必須のものがあるため、デスクトップ環境が必要になった場合は、以下のようにインストールします。
[1] 当例では GNOME デスクトップ環境をインストールします。
[root@dlp ~]#
dnf -y group install "Server with GUI"

[2] インストール終了後、テキストログインからデスクトップを起動するには、任意のユーザーでコンソールから再ログインし、以下のように実行します。
[cent@dlp ~]$
startx
# デフォルトでは GNOME Shell が起動するが クラシックモードで起動する場合は以下のように設定後 startx

[cent@dlp ~]$
vi ~/.xinitrc
# 新規作成

export XDG_CURRENT_DESKTOP=GNOME-Classic:GNOME
export GNOME_SHELL_SESSION_MODE=classic
exec /usr/bin/gnome-session --session=gnome-classic
[cent@dlp ~]$
startx
[3] または、システムをグラフィカルログインに変更して使用する場合は、
こちらを参考に、設定を変更してシステムを再起動します
再起動後、以下のようにグラフィカルなログイン画面が表示されます。
[4] ユーザー各々につき、初回の GUI ログイン時には、言語やキーボードの設定を求められるため、自身の環境に応じて必要な設定を選択します。 初回起動時の設定が終了すると以下のように GNOME デスクトップが使用可能となります。
[5] RHEL 8 / CentOS 8 では GNOME Shell がデフォルトになっていますが、RHEL 7 / CentOS 7 デフォルト のようなクラシックモードを使用したい場合は、ログイン画面で [Sign In] ボタンの左横のアイコンをクリックし、メニューから [Classic] を選択してログインすると、クラシックモードが使用可能です。
[6] GNOME デスクトップ クラシックモードでのデスクトップ画面です。
デスクトップ環境 : 日本語環境にする
[7]
日本語環境に変更する場合は、こちらを参考に、日本語関連の設定をします
[8] 日本語入力プログラムをインストールします。
[root ~]#
dnf -y install ibus-kkc

[9] ログインすると、GNOME デスクトップ が日本語になります。
[10] 日本語入力の設定をします。デスクトップ上の任意の場所で右クリックし、[設定] を開きます。
[11] 左メニューで [Region & Language] を選択し、右ペインで [入力ソース] の項目の下の [+] ボタンをクリックします。
[12] [日本語] をクリックします。
[13] [日本語 (かな漢字)] を選択して [追加] ボタンをクリックします。
[14] 入力ソースの設定は以上です。右上の [x] ボタンをクリックしてウインドウを閉じます。
[15] 入力ソースが二つ以上登録されると、上段のパネルに入力ソースの切り替えアイコンが表示されるようになるので、 日本語を入力する場合は、アイコンをクリックした後、[日本語 (かな漢字)] を選択すると日本語入力が可能となります。 なお、入力ソース切り替えのキーボードショートカットも登録されているため、キーボード操作のみでも切り替え可能です。 入力ソース切り替えのデフォルトショートカットは [Windows キー] + [スペースキー] です。
関連コンテンツ