CentOS 7
Sponsored Link

oVirt 4.2 : ISOドメインを登録する
2018/10/12
 
仮想マシン用の ISO イメージを保管する ISOドメインを登録します。
ISOドメイン用のストレージには NFS や iSCSI, GlusterFS 等々が利用可能です。
当例では以下のような環境を例に NFS を利用するよう設定します。
+----------------------+          |          +----------------------+
| [ oVirt Management ] |10.0.0.30 | 10.0.0.51| [   oVirt Node     ] |
|    dlp.srv.world     +----------+----------+   node01.srv.world   |
|                      |          |          |                      |
+----------------------+          |          +----------------------+
                                  |
+----------------------+          |
| [    NFS server    ] |10.0.0.35 |
|    nfs.srv.world     +----------+
|                      |
+----------------------+

[1]
[2] NFS サーバーに ISOドメイン用の領域を設定します。当例では [/var/lib/ovirt/iso] を設定します。
[root@nfs ~]#
groupadd -g 36 kvm

[root@nfs ~]#
useradd -u 36 -g kvm -M -d / -s /sbin/nologin vdsm

[root@nfs ~]#
mkdir -p /var/lib/ovirt/iso

[root@nfs ~]#
chown vdsm:kvm /var/lib/ovirt/iso

[root@nfs ~]#
vi /etc/exports.d/ovirt-engine-iso-domain.exports
# ISOドメインの共有を設定 (ACL は自身の環境用に変更)

/var/lib/ovirt/iso    10.0.0.0/24(rw)

[root@nfs ~]#
systemctl restart rpc-statd nfs-server

[3] 任意のクライアントホストで oVirt Web コンソールにログインし、左ペインで [Storage] - [Domains] をクリックします。
[4] 右ペイン上部の [New Domain] ボタンをクリックします。
[5] [Name] フィールドは任意の名称、[Export Path] には、NFS サーバーで設定した ISOドメイン用の領域を指定します。その他は任意です。
[6] 問題なければ、領域のマウントや [Data Center] のデフォルト設定 [Default] に対して、作成した ISOドメインが Attach され、Active 状態となります。
関連コンテンツ
 
Tweet