CentOS 6
Sponsored Link

リポジトリを追加する
2014/08/01
 
有用なパッケージが数多く配布されているリポジトリを追加しておきます。
[1] 標準リポジトリと追加リポジトリの両方から提供されている重複パッケージは、標準リポジトリ提供のものを優先するようにプラグインを入れておきます。
[root@dlp ~]#
yum -y install yum-plugin-priorities
# 標準リポジトリを最優先にする (プライオリティ=1)

[root@dlp ~]#
sed -i -e "s/\]$/\]\npriority=1/g" /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
[2] Fedora プロジェクトが提供する RHEL 用にビルドされたスペシャルパッケージを配布する EPEL を追加します。
[root@dlp ~]#
yum -y install epel-release
# プライオリティ=5 に設定

[root@dlp ~]#
sed -i -e "s/\]$/\]\npriority=5/g" /etc/yum.repos.d/epel.repo
# enabled=0 としておいて、必要な時のみ読み込む方法もある

[root@dlp ~]#
sed -i -e "s/enabled=1/enabled=0/g" /etc/yum.repos.d/epel.repo
# enabled=0 とした場合、リポジトリを有効にしてインストールする場合は以下のように入力

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=epel install [パッケージ名]

[3] CentOS SCLo Software collections を追加します。
[root@dlp ~]#
yum -y install centos-release-scl-rh centos-release-scl
# プライオリティ=10 に設定

[root@dlp ~]#
sed -i -e "s/\]$/\]\npriority=10/g" /etc/yum.repos.d/CentOS-SCLo-scl.repo

[root@dlp ~]#
sed -i -e "s/\]$/\]\npriority=10/g" /etc/yum.repos.d/CentOS-SCLo-scl-rh.repo
# enabled=0 としておいて、必要な時のみ読み込む方法もある

[root@dlp ~]#
sed -i -e "s/enabled=1/enabled=0/g" /etc/yum.repos.d/CentOS-SCLo-scl.repo

[root@dlp ~]#
sed -i -e "s/enabled=1/enabled=0/g" /etc/yum.repos.d/CentOS-SCLo-scl-rh.repo
# enabled=0 とした場合、リポジトリを有効にしてインストールする場合は以下のように入力

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=centos-sclo-rh install [パッケージ名]

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=centos-sclo-sclo install [パッケージ名]

[4] 便利なパッケージが数多く配布されている Remi's RPM repository を追加します。
[root@dlp ~]#
yum -y install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
# プライオリティ=10 に設定

[root@dlp ~]#
sed -i -e "s/\]$/\]\npriority=10/g" /etc/yum.repos.d/remi-safe.repo
# enabled=0 としておいて、必要な時のみ読み込む方法もある

[root@dlp ~]#
sed -i -e "s/enabled=1/enabled=0/g" /etc/yum.repos.d/remi-safe.repo
# enabled=0 とした場合、リポジトリを有効にしてインストールする場合は以下のように入力

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=remi-safe install [パッケージ名]

 
Tweet