CentOS 6
Sponsored Link

mod_proxy を利用する#1
2014/09/15
 
mod_proxy モジュールを有効にして、フォワードプロキシ機能の設定をします。
[1] mod_proxy はデフォルトで組み込まれていて有効になっているので、新たに何かをインストールする必要はありません。
[root@www ~]#
vi /etc/httpd/conf.d/f_proxy.conf
# 新規作成

<IfModule mod_proxy.c>
  
# フォワードプロキシON

   ProxyRequests On
   <Proxy *>
      Order deny,allow
      Deny from all
      Allow from 10.0.0.0/24
   </Proxy>
</IfModule>
# ディスクキャッシュの設定

<IfModule mod_cache.c>
   <IfModule mod_disk_cache.c>
     
# キャッシュディレクトリ

      CacheRoot /var/cache/httpd
     
# 全URLがキャッシュ対象

      CacheEnable disk /
   </IfModule>
</IfModule>
[root@www ~]#
vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
# 136行目:リスンポート変更

Listen
8080
[root@www ~]#
/etc/rc.d/init.d/httpd restart

Stopping httpd:     [  OK  ]
Starting httpd:     [  OK  ]
[2]
クライアントのプロキシ設定をして、任意のWebサイトにアクセスしてアクセスできるか確認してください。
 
Tweet