CentOS 5
Sponsored Link

リバースプロキシとして設定
2015/01/15
 
リバースプロキシとしての動作設定です。SquidをリバースプロキシとしてWebサーバの前面にたてることで、 処理性能の向上やWebサーバのセキュリティ向上に役立ちます。
なお、ここでの設定は、CentOS 5 でパッケージとして標準提供されているSquidでの設定で、バージョンが2.6での場合です。 Squidのバージョンが2.5以前の場合はここでの設定とは大きく異なるためご注意ください。
また、リバースプロキシとしてのアプリケーションは他にも
Pound を使った例も紹介していますので参照ください。
[1] Squid の設定
[root@lan ~]#
vi /etc/squid/squid.conf
# 922行目:転送先WebサーバのIPを指定

http_port
80 defaultsite=10.0.0.31
# 1454行目:追記

cache_peer 10.0.0.31 parent 80 0 no-query originserver
# 637行目あたり:追記 ( httpアクセス全て許可 )

http_access allow all
[root@lan ~]#
/etc/rc.d/init.d/squid restart

Stopping squid:     [  OK  ]
Starting squid:     [  OK  ]
[2] DNSの設定や、必要であればルータの設定も変更し、SquidのサーバーでHTTPアクセスをうけるようにします。 アクセスして以下のように有効になっていることを確認します。
 
関連コンテンツ
 
Tweet