CentOS 5
Sponsored Link

データベース作成
2010/05/03
  Bacula サーバーでの Bacula-mysql インストール時に、MySQLの Bacula ユーザーやデータベースを作成しようとしますが、 MySQLの root ユーザーのパスワードが空になっていることを前提にしてあるため、作成に失敗してしまいます。 よって、再度作成スクリプトを流して Bacula 用ユーザーやデータベースを作成します。

[1] Bacula用ユーザーやデータベースを作成します。
なお、以下では64ビットOSを使用しているため、ファイルのパスが「/usr/lib64/~」となっていますが、 32ビットOSの場合は「/usr/lib/~」としてください。
[root@dlp ~]#
vi /usr/lib64/bacula/grant_mysql_privileges


# 9行目: MySQLにrootユーザーでログイン時, パスワード認証するよう変更

if $bindir/mysql $* -u root
-p
 <<END-OF-DATA

[root@dlp ~]#
vi /usr/lib64/bacula/create_mysql_database


# 9行目: MySQLにrootユーザーでログイン時, パスワード認証するよう変更

if $bindir/mysql $*
-p
 <<END-OF-DATA

[root@dlp ~]#
vi /usr/lib64/bacula/make_mysql_tables


# 7行目: MySQLにrootユーザーでログイン時, パスワード認証するよう変更

if $bindir/mysql $*
-p
 <<END-OF-DATA

[root@dlp ~]#
/usr/lib64/bacula/grant_mysql_privileges

Enter password:
Privileges for bacula granted on bacula.
[root@dlp ~]#
/usr/lib64/bacula/create_mysql_database

Enter password:
Creation of bacula database succeeded.
[root@dlp ~]#
/usr/lib64/bacula/make_mysql_tables

Enter password:
Creation of Bacula MySQL tables succeeded.
[root@dlp ~]#
mysql -u root -p
   
# MySQLにログイン

Enter password:
Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 50
Server version: 5.0.45 Source distribution

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

# bacula ユーザーのパスワード設定

mysql>
set password for bacula=password('password');

Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql>
set password for bacula@localhost=password('password');

Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

# 設定確認

mysql>
select user,host,password from mysql.user;

5 rows in set (0.00 sec)

mysql>
show databases;

3 rows in set (0.00 sec)

mysql>
use bacula;

Reading table information for completion of table and column names
You can turn off this feature to get a quicker startup with -A

Database changed
mysql>
show tables;

22 rows in set (0.00 sec)

mysql>
exit

Bye
関連コンテンツ
 
Tweet