Fedora 19
 

NFSサーバーの設定
2013/07/04
 
任意のディレクトリを各サーバー間で共有できるようにするためにNFSサーバーを構築します。
ここでは以下のような環境を例に NFSサーバーを構築しています。
 
dlp.srv.world
[10.0.0.30] - NFSサーバー

 
www.srv.world
[10.0.0.31] - NFSクライアント
[1] NFSサーバーとなるシステム上での設定です。
[root@dlp ~]#
yum -y install nfs-utils
[root@dlp ~]#
vi /etc/idmapd.conf
# 5行目:コメント解除して自ドメイン名に変更

Domain =
srv.world
[root@dlp ~]#
vi /etc/exports
# 以下のように記述*注

/home 10.0.0.0/24(rw,sync,no_root_squash,no_all_squash)
#*注
/home
⇒ 共有するディレクトリを指定

10.0.0.0/24
⇒ アクセスを受け付けるネットワークの範囲

rw
⇒ 読み書き可

sync
⇒ 同期する

no_root_squash
⇒ root特権有効

no_all_squash
⇒ そのままの権限でアクセスさせる
[root@dlp ~]#
systemctl start rpcbind.service

[root@dlp ~]#
systemctl start nfs-server.service

[root@dlp ~]#
systemctl start nfs-lock.service

[root@dlp ~]#
systemctl start nfs-idmap.service

[root@dlp ~]#
systemctl enable rpcbind.service

[root@dlp ~]#
systemctl enable nfs-server.service

[root@dlp ~]#
systemctl enable nfs-lock.service

[root@dlp ~]#
systemctl enable nfs-idmap.service

 
Tweet