Fedora 18
Sponsored Link

ユーザーのホームディレクトリ領域を使えるようにする
2013/01/24
 
一般ユーザーが自身のホームディレクトリ内に置いたファイルをWebサイトとして公開できるようにします。
[1] 任意のディレクトリでCGIが実行可能なように設定します。
[root@www ~]#
vi /etc/httpd/conf.d/userdir.conf
# 17行目:コメント化

#
UserDir disable
# 24行目:行頭の#を削除してコメント解除

UserDir public_html
# 31行目 - 35行目

<Directory "/home/*/public_html">
    AllowOverride
All
# 変更

    Options
ExecCGI
# CGI有効

    Require method GET POST OPTIONS
</Directory>
[root@www ~]#
systemctl restart httpd.service

[2] 一般ユーザーでCGIテストページを作成してみて動作確認をします。作成したテストページにWebブラウザでアクセスしてページが表示されればOKです。
[fedora@www ~]$
mkdir public_html

[fedora@www ~]$
chmod 711 /home/fedora

[fedora@www ~]$
chmod 755 /home/fedora/public_html

[fedora@www ~]$
cd public_html

[fedora@www public_html]$
vi index.cgi
#!/usr/local/bin/perl

print "Content-type: text/html\n\n";
print "<html>\n<body>\n";
print "<div style=\"width: 100%; font-size: 40px; font-weight: bold; text-align: center;\">\n";
print "Userdir Test Page";
print "\n</div>\n";
print "</body>\n</html>\n";

[fedora@www public_html]$
chmod 705 index.cgi
 
Tweet