CentOS 7
Sponsored Link

Zabbix 3.2 : メール通知の設定
2016/09/14
 
デフォルトで適用されるテンプレートには CPU ローアベレージ等の主要な監視項目やしきい値は設定されていますが、 しきい値を超えた場合のメール送信設定は無効になっているため、各種通知メールが送信されるようにするためには設定が必要です。
[1]
[2] Zabbix の管理サイトにログインし、「Configuration」-「Actions」をクリックして移動します。 通知メールを送信するアクションがデフォルトで登録されているので、「Disabled」をクリックすることで有効化できます。

     

[3] メール送信のアクションが有効化されました。 これで、テンプレートに定義済みのしきい値を超えた場合は通知メールが送信されるようになります。 送信先は Zabbix 管理者グループに所属するユーザーです。
[4] しきい値を超えた場合の通知メールです。以下は Zabbix Agent が 5分以上無応答になった場合に送信されたメールの例です。
Date: Fri, 11 Mar 2016 19:02:46 +0900
Subject: PROBLEM: Zabbix agent on Zabbix server is unreachable for 5 minutes
Content-Type: text/plain; charset="UTF-8"
Status: R

Trigger: Zabbix agent on Zabbix server is unreachable for 5 minutes
Trigger status: PROBLEM
Trigger severity: Average
Trigger URL:

Item values:

1. Agent ping (Zabbix server:agent.ping): Up (1)
2. *UNKNOWN* (*UNKNOWN*:*UNKNOWN*): *UNKNOWN*
3. *UNKNOWN* (*UNKNOWN*:*UNKNOWN*): *UNKNOWN*

Original event ID: 81
[5] なお、アクション名をクリックすると詳細が確認できます。 以下の画面ではしきい値を超えた場合のアクションが設定可能です。
[6] 「Operations」タブに移動すると、通知メールの文面が編集可能です。
[7] 「Recovery Operations」タブに移動すると、リカバリーメッセージの文面が編集可能です。
 
Tweet