CentOS 7
 

Zabbix 2.4 : インストール
2015/06/15
 
統合監視システム Zabbix 2.4 をインストールして設定します。
監視対象には Linux のみならず、Windows や Solaris、IBM の AIX なども一括で監視することができます。
[1]
[2]
[3]
[4] その他必要なパッケージ、および Zabbix のリポジトリを追加しておきます。
[root@dlp ~]#
yum -y install php-mysql php-gd php-xml php-bcmath

[root@dlp ~]#
yum -y install http://repo.zabbix.com/zabbix/2.4/rhel/7/x86_64/zabbix-release-2.4-1.el7.noarch.rpm
[5] Zabbix サーバーをインストールします。
Zabbix サーバー自身も監視できるよう、監視対象ホストに必要な Zabbix Agent も同時にインストールしておきます。
さらに、CentOS 7.1 時点での trousers 3.11 パッケージでは Zabbix 2.4 サーバーの起動に失敗するため、CentOS 6.6 で配布されている trousers 3.13 にアップデートしておきます。
[root@dlp ~]#
yum -y install zabbix-get zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-agent

[root@dlp ~]#
yum -y update http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/CentOS/6/os/x86_64/Packages/trousers-0.3.13-2.el6.x86_64.rpm

[6] データベースの設定をしておきます。
[root@dlp ~]#
mysql -u root -p

Enter password:
Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 11
Server version: 5.5.41-MariaDB MariaDB Server

Copyright (c) 2000, 2014, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]>
create database zabbix;

Query OK, 1 row affected (0.00 sec)
MariaDB [(none)]>
grant all privileges on zabbix.* to zabbix@'localhost' identified by 'password';

Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
MariaDB [(none)]>
grant all privileges on zabbix.* to zabbix@'%' identified by 'password';

Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
MariaDB [(none)]>
flush privileges;

Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
MariaDB [(none)]>
exit

Bye
[root@dlp ~]#
cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-*/create

[root@dlp create]#
mysql -u root -p zabbix < schema.sql

Enter password:
[root@dlp create]#
mysql -u root -p zabbix < images.sql

Enter password:
[root@dlp create]#
mysql -u root -p zabbix < data.sql

Enter password:
[7] Zabbix サーバーを設定して起動します。
[root@dlp ~]#
vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
# 73行目:追記

DBHost=localhost
# 107行目:Zabbix DB のパスワード追記

DBPassword=password
[root@dlp ~]#
systemctl start zabbix-server

[root@dlp ~]#
systemctl enable zabbix-server

[8] Zabbix サーバー自身も監視できるよう Zabbix Agent を設定して起動します。
[root@dlp ~]#
vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
# 85行目:Zabbix サーバーを指定

Server=
127.0.0.1
# 126行目:Zabbix サーバーを指定

ServerActive=
127.0.0.1
# 137行目:自身のホスト名に変更

Hostname=
dlp.srv.world
[root@dlp ~]#
systemctl start zabbix-agent

[root@dlp ~]#
systemctl enable zabbix-agent

[9] httpd の設定を変更しておきます。以上で Zabbix サーバーの基本設定は完了です。
[root@dlp ~]#
vi /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf
# 10行目:Web フロントエンドにアクセス許可する範囲を変更

#
Require all granted
Require ip 127.0.0.1 10.0.0.0/24
# 18行目:コメント解除し自身のタイムゾーンに変更

php_value date.timezone
Asia/Tokyo
[root@dlp ~]#
systemctl restart httpd

 
Tweet