CentOS 7
Sponsored Link

Xen : 仮想マシン作成
2016/01/25
 
仮想マシンを作成します。ここではホストOSと同じ CentOS 7 をインストールして仮想マシンを作成します。
[1] 当例では Libvirt を利用します。よって Libvirt をインストールしておきます。
# CentOS Xen を有効にしてインストール

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=centos-virt-xen -y install libvirt libvirt-daemon-xen virt-install
[root@dlp ~]#
systemctl start libvirtd

[root@dlp ~]#
systemctl enable libvirtd

[2] 準仮想化で仮想マシンを作成します。virt-install のオプションについては man ページ、または KVM の項の [1] を参照ください
# 仮想マシン格納ディレクトリ作成

[root@dlp ~]#
mkdir -p /var/xen/images
[root@dlp ~]#
virt-install \
--connect xen:/// \
--paravirt \
--name centos7 \
--ram 4096 \
--disk path=/var/xen/images/centos7.img,size=20 \
--vcpus 2 \
--os-type linux \
--os-variant rhel7 \
--network bridge=br0 \
--graphics none \
--location 'http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/centos/7/os/x86_64/' \
--extra-args 'text console=com1 utf8 console=hvc0'
Starting install...    
# インストールが開始される
[3] テキストモードでのインストールが完了すると、仮想マシンが再起動し、以下のようにゲストOSのログインプロンプトが表示されます。
CentOS Linux 7 (Core)
Kernel 3.10.0-327.el7.x86_64 on an x86_64

localhost login:
[4] ゲストOS - ホストOS 間のコンソール切り替えは KVM の項の [3] と同じく virsh コマンドで可能ですが、 Xen の管理ツールでも切り替え可能です。
[root@localhost ~]#    
# Ctrl + ] キー押下

[root@dlp ~]#    
# ホスト側のコンソールに切り替わった
# 稼働中のシステム表示

[root@dlp ~]#
xl list

Name            ID   Mem VCPUs      State   Time(s)
Domain-0         0  4090     6     r-----     226.3
centos7          2  4096     2     -b----      17.0

[root@dlp ~]#
xl console centos7
   
# ゲストOS 'centos7' のコンソールに切り替え
[root@localhost ~]#    
# ゲスト側のコンソールに切り替わった
 
Tweet