CentOS 7
Sponsored Link

MATEデスクトップ環境 インストール
2014/08/30
 
サーバーにデスクトップ環境は通常は必要ない場合が多いのですが、ときに必要なアプリケーションがGUI必須のものがあります。 その場合は以下のようにして環境を導入します。
[1] ここでは MATEデスクトップ環境をインストールします。
[root@dlp ~]#
yum -y groups install "Server with GUI"
# EPEL からインストール

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=epel -y groups install "MATE Desktop"
[2] インストールが完了したら、リモート接続ではなく直接コンソール経由でログインし、以下のコマンドを実行します。するとデスクトップ環境が起動します。
[root@dlp ~]#
echo "exec /usr/bin/mate-session" >> ~/.xinitrc

[root@dlp ~]#
[3] MATEデスクトップが起動しました。
日本語環境にする
[4]
日本語環境にしたい場合は、まずは、こちらを参照して日本語関連の設定をしてください。
[5]
[6]
以上でシステムを再起動すると、日本語環境になります。右上のアイコンをクリックしてメニューから「MATE」を選択し、ログインしたいユーザーを選択してログインしてください。
[7] 日本語環境でログインできました。
 
Tweet