CentOS 7
 

VNCクライアント : noVNC インストール
2015/08/05
 
VNCクライアント noVNC をインストールして、Web ブラウザ経由で VNC 接続します。
[1] 必要なパッケージのインストール、および SSL 証明書の作成をしておきます。
# EPEL からインストール

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=epel -y install novnc python-websockify numpy
[root@dlp ~]#
cd /etc/pki/tls/certs

[root@dlp certs]#
openssl req -x509 -nodes -newkey rsa:2048 -keyout /etc/pki/tls/certs/novnc.pem -out /etc/pki/tls/certs/novnc.pem -days 365

Generating a 2048 bit RSA private key
..........................................+++
..........................................+++
writing new private key to '/etc/pki/tls/certs/novnc.pem'
-----
You are about to be asked to enter information that will be incorporated
into your certificate request.
What you are about to enter is what is called a Distinguished Name or a DN.
There are quite a few fields but you can leave some blank
For some fields there will be a default value,
If you enter '.', the field will be left blank.
-----
Country Name (2 letter code) [AU]:
JP
   
# 国

State or Province Name (full name) [Some-State]:
Hiroshima
   
# 地域(県)

Locality Name (eg, city) []:
Hiroshima
   
# 都市

Organization Name (eg, company) [Internet Widgits Pty Ltd]:
Server World
   
# 組織名

Organizational Unit Name (eg, section) []:
IT Solution
   
# 組織の部門名

Common Name (eg, YOUR name) []:
dlp.srv.world
   
# サーバーのFQDN

Email Address []:
xxx@srv.world
   
# 管理者アドレス
[2]
こちらの [1] を参考に、VNC サーバーを起動しておきます
当例では、「cent」ユーザーがポート「5901」で VNC サーバーを起動しているとします。
[3] VNC 起動ユーザーで Websockify を起動し、localhost:5901 をポート 6080 でプロキシします。
[cent@dlp ~]$
websockify -D --web=/usr/share/novnc/ --cert=/etc/pki/tls/certs/novnc.pem 6080 localhost:5901

WebSocket server settings:
  - Listen on :6080
  - Flash security policy server
  - Web server. Web root: /usr/share/novnc
  - SSL/TLS support
  - Backgrounding (daemon)
[4] 任意のクライアントで Web ブラウザを起動し、「https://(サーバーのホスト名またはIPアドレス):6080/」にアクセスすると、以下のように noVNC の画面が表示されます。 VNC パスワードでログイン可能です。
[5] 接続できました。Web ブラウザ上で CentOS の操作ができます。
 
Tweet