CentOS 7
Sponsored Link

Parallel SSH を利用する
2015/04/15
 
Parallel SSH を利用して、SSH サーバーが稼働する複数ホストに対して同時に SSH 接続します。
[1] PSSH をインストールします。
# EPELからインストール

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=epel -y install pssh
[2] PSSH の使い方です。
パスフレーズ無し鍵認証の場合の PSSH の利用方法です。
パスフレーズ付き鍵認証の場合は 事前に SSH-Agent を起動してパスフレーズをセットしておけば、後は以下と同様の操作で利用可能です。
# 指定のホストに対して SSH 接続し hostname コマンドを実行

[cent@dlp ~]$
pssh -H "10.0.0.51 10.0.0.52" -i "hostname"

[1] 17:28:02 [SUCCESS] 10.0.0.51
node01.srv.world
[2] 17:28:02 [SUCCESS] 10.0.0.52
node02.srv.world
# 接続先ホストはファイルからも読み込み可能

[cent@dlp ~]$
vi pssh_hosts.txt
# 接続先ホストを1行ごとに記述

cent@10.0.0.51
cent@10.0.0.52
[cent@dlp ~]$
pssh -h pssh_hosts.txt -i "uptime"

[1] 19:37:59 [SUCCESS] cent@10.0.0.52
 19:37:59 up  1:35,  0 users,  load average: 0.00, 0.00, 0.00
[2] 19:37:59 [SUCCESS] cent@10.0.0.51
 19:37:59 up  1:35,  0 users,  load average: 0.00, 0.00, 0.00
[3] パスワード認証で接続したい場合はオプション指定で可能ですが、接続先ホストの接続ユーザーのパスワードは全ホストで同じである必要があります。
# 認証の優先順位をパスワード優先にして -A でパスワード認証

[cent@dlp ~]$
pssh -h pssh_hosts.txt -A -O PreferredAuthentications=password -i "uname -r"

Warning: do not enter your password if anyone else has superuser
privileges or access to your account.
Password:    
# パスワード入力

[1] 12:54:06 [SUCCESS] cent@10.0.0.51
2.6.32-504.12.2.el6.x86_64
[2] 12:54:06 [SUCCESS] cent@10.0.0.52
2.6.32-504.12.2.el6.x86_64
[4]
なお、PSSH パッケージには pssh コマンド以外にも、pscp.pssh, prsync, pslurp, pnuke も含まれており、 [pssh option ~] の部分はいずれも pssh と同様の書式で利用可能です。
 
Tweet