CentOS 7
Sponsored Link

Sensu : Grafana で可視化する
2017/11/07
 
Graphite へ保存したメトリックデータを Grafana で可視化します。
Graphite 単体でも可視化を実現しているため、当設定はインターフェースの好みによります。
[1]
こちらを参考に、Grafana をインストールしておきます
なお、Grafana のデフォルトポート(3000)が Uchiwa と重複するため、Grafana のポートは他の任意のポートに変更しておきます。当例では 3001番で進めます。
[2] Grafana Web にアクセスし、[Dashboards] - [New] を選択します。
[3] [Graph] をクリックします。
[4] [Panel Title] をクリックして表示されるメニューから [Edit] を選択します。
[5] [Data Source] のメニューから [Graphite Data] を選択します。
[6] [Select Metric] をクリックして表示されるメニューから、表示したいデータソースを選択します。
[7] 設定したデータソースの階層により、さらに [Select Metric] が表示されるため、クリックして表示されるメニューからさらにデータソースを選択します。
[8] さらに [Select Metric] が表示されたら次へ次へとデータソースを選択していきます。
[9] 必要なデータソースを全て選択すると、収集済みデータのグラフが表示されます。OK であれば、左の [General] タブに移動します。
[10] パネルのタイトルや概要を入力します。入力後、画面上部の [Back to dashboard] をクリックします。
[11] 画面上部の Save アイコンをクリックして、ダッシュボードの設定を保存します。
[12] [Save] をクリックして保存します。
[13] 以上で OK です。Graphite へ保存したデータが可視化できました。
 
Tweet