CentOS 7
 

Salt : Salt State File を利用する#1
2016/10/08
 
Salt State File の基本的な利用方法です。
Salt State File はシステムの構成をまとめたもので、YAML 形式で記述します。
単に State ファイル または SaLt State の大文字部分を略して SLS ファイルとも呼びます。
State ファイルの拡張子は *.sls となります。
[1] まず最初に State ファイルを配置するルートディレクトリを定義します。
設定ファイルに定義しない場合のデフォルトは、コメント状態で用意してある通り /srv/salt となっています。
なお、当例ではデフォルトで進めます。
[root@dlp ~]#
vi /etc/salt/master
# 417行目:コメント解除してルートディレクトリ定義

file_roots:
  base:
    - /srv/salt

[root@dlp ~]#
mkdir /srv/salt

[2] 定義したルートディレクトリ直下に State ファイルを作成することで、salt コマンドによりノードへの State ファイル記述構成の適用が可能となります。
例として wget パッケージをインストールする State ファイルです。
# 任意のファイル名.sls

[root@dlp ~]#
vi /srv/salt/default.sls
# 新規作成

install_wget:
  pkg.installed:
    - name: wget

# node01 へ適用

[root@dlp ~]#
salt "node01.srv.world" state.sls default

node01.srv.world:
----------
          ID: install_wget
    Function: pkg.installed
        Name: wget
      Result: True
     Comment: The following packages were installed/updated: wget

.....
.....

Summary
------------
Succeeded: 1 (changed=1)
Failed:    0
------------
Total states run:     1

# 確認

[root@dlp ~]#
salt "node01.srv.world" cmd.run 'rpm -q wget'

node01.srv.world:
    wget-1.14-10.el7_0.1.x86_64
 
Tweet