CentOS 7
Sponsored Link

Redis : 基本操作 #5
2016/07/21
 
専用のクライアントプログラム「redis-cli」を利用した場合の Redis の基本操作です。
以下の例の他にも非常に多くのコマンドが用意されています。詳細は本家サイトを参照ください。
⇒ http://redis.io/commands
[1] 基本的なセット操作の例です。
[root@dlp ~]#
redis-cli -a password
# セットにメンバーを追加する (スペース区切りで複数メンバー指定可)
127.0.0.1:6379> sadd set01 member01 
(integer) 1

# セットのメンバー数を返す
127.0.0.1:6379> scard set01 
(integer) 1

# セットの指定メンバーを削除する
127.0.0.1:6379> srem set01 member03 
(integer) 1

# セットに指定メンバーが存在するか確認する
127.0.0.1:6379> sismember set01 member01 
(integer) 1

# セットのメンバーを全て返す
127.0.0.1:6379> smembers set01 
1) "member03"
2) "member02"
3) "member01"
127.0.0.1:6379> smembers set02 
1) "member02"
2) "member05"
3) "member04"
127.0.0.1:6379> smembers set03 
1) "member06"
2) "member02"
3) "member01"

# 指定した複数のセットに共通するメンバーを返す
127.0.0.1:6379> sinter set01 set02 set03 
1) "member02"

# 2番目以降に指定した複数のセットに共通するメンバーを1番目に指定したセットに追加する
127.0.0.1:6379> sinterstore set04 set01 set02 set03 
(integer) 1
127.0.0.1:6379> smembers set04 
1) "member02"

# 1番目に指定したセットと2番目以降に指定した複数のセットとの差分を返す
127.0.0.1:6379> sdiff set01 set02 set03 
1) "member03"

# 2番目に指定したセットと3番目以降に指定した複数のセットとの差分を1番目に指定したセットに追加する
127.0.0.1:6379> sdiffstore set05 set01 set02 set03 
(integer) 1

127.0.0.1:6379> smembers set05 
1) "member03"

# 指定した複数セットのメンバーの結合結果を返す
127.0.0.1:6379> sunion set01 set02 set03 
(integer) 1

# 2番目以降に指定した複数セットのメンバーの結合結果を1番目に指定したセットに追加する
127.0.0.1:6379> sunionstore set06 set01 set02 set03 
(integer) 6
127.0.0.1:6379> smembers set06 
1) "member06"
2) "member03"
3) "member04"
4) "member02"
5) "member01"
6) "member05"

# 1番目に指定したセットから2番目に指定したセットへ指定メンバーを移動する
127.0.0.1:6379> smove set01 set02 member03 
(integer) 1
 
Tweet