CentOS 7
Sponsored Link

Redis : 基本操作 #3
2016/07/20
 
専用のクライアントプログラム「redis-cli」を利用した場合の Redis の基本操作です。
以下の例の他にも非常に多くのコマンドが用意されています。詳細は本家サイトを参照ください。
⇒ http://redis.io/commands
[1] 基本的なリスト操作の例です。
[root@dlp ~]#
redis-cli -a password
# リストの先頭に値を追加する (スペース区切りで複数値を指定可)
127.0.0.1:6379> lpush list01 value01 
(integer) 1

# リストの末尾に値を追加する (スペース区切りで複数値を指定可)
127.0.0.1:6379> rpush list01 value02 
(integer) 2

# リストの要素の数を返す
127.0.0.1:6379> llen list01 
(integer) 2

# リスト中の指定番号の要素を返す
127.0.0.1:6379> lindex list01 0 
"value01"

# リスト中の指定した開始番号から終了番号までの要素を返す
127.0.0.1:6379> lrange list01 0 1 
1) "value01"
2) "value02"

# リストの指定番号の要素を指定値に変更する
127.0.0.1:6379> lset list01 1 value03
OK
127.0.0.1:6379> lindex list01 1 
"value03"

# リストの先頭の要素を返して削除する
127.0.0.1:6379> lpop list01 
"value01"

# リストの末尾の要素を返して削除する
127.0.0.1:6379> rpop list01 
"value03"

# リスト中の指定した開始番号から終了番号までの要素に切り取る
127.0.0.1:6379> ltrim list01 1 3 
OK

127.0.0.1:6379> lrange list02 0 7 
1) "value01"
2) "test"
3) "value02"
4) "value03"
5) "value04"
6) "test"
7) "value05"
8) "test"

# リスト中から指定した値を指定した数だけ削除する
# 正数なら先頭から, 負数なら末尾から数える
127.0.0.1:6379> lrem list02 2 test 
(integer) 2
127.0.0.1:6379> lrange list02 0 7 
1) "value01"
2) "value02"
3) "value03"
4) "value04"
5) "value05"
6) "test"
 
Tweet