CentOS 7
Sponsored Link

Redis : インストール
2016/07/20
 
キーバリューストア型データベース Redis をインストールします。
[1] Redis をインストールします。
# EPELからインストール

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=epel -y install redis
[2] Redis の基本的な設定です。
[root@dlp ~]#
vi /etc/redis.conf
# 45行目:待ち受けポート

port 6379
# 64行目:リスンするインターフェース

# デフォルトはローカルホストのみ

# 他ホストからも利用する場合は特定のネットワークI/Fに割り当てているIPに変更

# 全てリスンする場合は 0.0.0.0 を指定

bind 127.0.0.1
# 118行目:データベースの個数

# データベースID は 0 から割り当てられ

# (指定した値-1)の数のデータベースが利用可能となる

databases 16
# 142行目:スナップショット取得間隔を設定

# 定期的にメモリ上に保持しているデータをディスクに保存する設定

# 以下のデフォルト設定の意味は下記の通り

# 少なくとも 一つのキーが変更された場合は 900秒後にスナップショット取得

# 少なくとも 十個(回)のキーが変更された場合は 300秒後にスナップショット取得

# 少なくとも 一万個(回)のキーが変更された場合は 60秒後にスナップショット取得

# スナップショット取得をしない場合は save 行を全てコメント化 または save "" を指定

save 900 1
save 300 10
save 60 10000
# 392行目:接続パスワードを設定

requirepass password
# 501行目:データ更新の際は常にディスクに保存する設定 (「yes」 で有効化)

# 有効化するとデータは永続化されるがパフォーマンスは低下する

appendonly no
# 531行目:appendonly を有効化した場合の書き込みのタイミング

# always=常に, everysec=毎秒毎, no=fsyncしない(OSに任せる)

# appendfsync always
appendfsync everysec
# appendfsync no
[root@dlp ~]#
systemctl start redis

[root@dlp ~]#
systemctl enable redis

[3] Redis を他ホストからも利用する場合 且つ Firewalld を有効にしている場合は、Redis 設定ポートの許可が必要です。
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --add-port=6379/tcp --permanent

success
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --reload

success
 
Tweet