CentOS 7
Sponsored Link

RabbitMQ : Web UI を利用する
2016/09/03
 
Management Plugin を有効にして、Webベースの管理ツールが利用できるよう設定します。
[1] プラグインを有効にします。
[root@dlp ~]#
rabbitmq-plugins enable rabbitmq_management

The following plugins have been enabled:
  mochiweb
  webmachine
  rabbitmq_web_dispatch
  amqp_client
  rabbitmq_management_agent
  rabbitmq_management
Plugin configuration has changed. Restart RabbitMQ for changes to take effect.
[root@dlp ~]#
systemctl restart rabbitmq-server
[2] Firewalld を有効にしている場合は、Web UI ポートの許可が必要です。
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --add-port=15672/tcp --permanent

success
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --reload

success
[3] 任意のクライアントで Web ブラウザを起動し、「http://(ホスト名またはIPアドレス):15672/」にアクセスします。 認証フォームが表示されるので、RabbitMQ に登録したユーザー(且つ 管理者ロールが付与されたユーザー)で認証してログインします。
[4] ログインできました。ここから各種管理作業が実行可能です。
 
Tweet