CentOS 7
 

PXE Boot : ネットワークインストール (キックスタート)
2015/06/26
 
クライアントコンピュータから PXE サーバーに接続してネットワークインストールする際、キックスタートでインストールを自動化することが可能です。 インストール対象のクライアントコンピューターの台数が多い場合に便利です。
[1]
[2] キックスタートの設定です。
# rootパスワード生成 (後で入力するのでメモしておく)

[root@dlp ~]#
python -c 'import crypt,getpass; \
print(crypt.crypt(getpass.getpass(), \
crypt.mksalt(crypt.METHOD_SHA512)))'
Password:
$6$EC1T.oKN5f3seb20$y1WlMQ7Ih424OwOn.....
[root@dlp ~]#
mkdir /var/www/html/ks

[root@dlp ~]#
vi /var/www/html/ks/centos7-ks.cfg
# 新規作成

install
# 対話を自動進行

autostep
# インストール完了後に再起動

reboot
# 暗号化アルゴリズム

auth --enableshadow --passalgo=sha512
# インストールソース

url --url=http://10.0.0.30/centos7/
# インストールディスクを指定

ignoredisk --only-use=sda
# キーボードレイアウト

keyboard --vckeymap=jp106 --xlayouts='jp','us'
# システムのロケール

lang en_US.UTF-8
# ネットワーク設定

network --bootproto=dhcp --ipv6=auto --activate --hostname=localhost
# 生成したrootパスワード

rootpw --iscrypted $6$EC1T.oKN5f3seb20$y1WlMQ7Ih424OwOn.....
# タイムゾーン

timezone Asia/Tokyo --isUtc --nontp
# ブートローダーの設定

bootloader --location=mbr --boot-drive=sda
# パーティションテーブルは全て初期化

zerombr
clearpart --all --initlabel
# パーティションの設定

part /boot --fstype="xfs" --ondisk=sda --size=500
part pv.10 --fstype="lvmpv" --ondisk=sda --size=51200
volgroup VolGroup --pesize=4096 pv.10
logvol / --fstype="xfs" --size=20480 --name=root --vgname=VolGroup
logvol swap --fstype="swap" --size=4096 --name=swap --vgname=VolGroup
%packages
@core
%end
[root@dlp ~]#
chmod 644 /var/www/html/ks/centos7-ks.cfg

[root@dlp ~]#
vi /var/lib/tftpboot/pxelinux.cfg/default
timeout 100
default menu.c32
menu title ########## PXE Boot Menu ##########
label 1
   menu label ^1) Install CentOS 7
   kernel centos7/vmlinuz
  
# 以下変更:キックスタートファイル指定

   append initrd=centos7/initrd.img
ks=http://10.0.0.30/ks/centos7-ks.cfg
label 2
   menu label ^2) Boot from local drive
   localboot
[3] ネットワークブートが有効な BIOS 設定のクライアントコンピュータを起動すると、PXEサーバーのメニューが表示されます。 10秒後に自動的にインストーラが開始し、自動的にインストールが進行しておきます。 放っておけばインストール終了後に自動的にシステムは再起動し、インストール完了します。
 
Tweet