CentOS 7
 

Puppet : 利用方法 [package リソース]
2015/07/22
 
マニフェストで宣言できるリソースタイプのうち、ここでは「package」リソースを例にします。
[1] httpd が yum でインストールされた状態を維持管理する。
[root@dlp ~]#
vi /etc/puppet/manifests/site.pp
package { 'httpd':
    provider => yum,
    ensure   => installed,
}
[2] 最新版の httpd パッケージがインストールされた状態を維持管理する。
[root@dlp ~]#
vi /etc/puppet/manifests/site.pp
package { 'httpd':
    provider => yum,
    ensure   => latest,
}
[3] epel-release を rpm でインストールされた状態を維持管理する。
[root@dlp ~]#
vi /etc/puppet/manifests/site.pp
package { 'epel-release':
    provider => rpm,
    ensure   => installed,
    source   => 'http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm',
}
[4] httpd が インストールされていない状態を維持管理する。(インストールされていればアンインストールする)
[root@dlp ~]#
vi /etc/puppet/manifests/site.pp
package { 'httpd':
    provider => yum,
    ensure   => purged,
}
 
Tweet