CentOS 7
Sponsored Link

oVirt 4.1 : oVirtノードの設定
2015/07/12
 
oVirt ノードの設定です。ここでは以下の環境を例に設定しています。
                                        +----------------------+
                               10.0.0.30| [ oVirt Management ] |
                                  +-----+    dlp.srv.world     |
+-----------------+               |     |                      |
|                 |10.0.0.100     |     +----------------------+
| Client Computer |---------------+
|                 |               |     +----------------------+
+-----------------+               |     |    [ oVirt Node ]    |
                                  +-----+   node01.srv.world   |
                               10.0.0.51|                      |
                                        +----------------------+

[1]
こちらを参考に oVirt ノードとするホストに KVM をインストールしておきます
なお、リンク先 [2] のブリッジネットワークの設定は不要です。
[2] oVirt ノードに追加で必要なパッケージをインストールしておきます。以上でノード側の準備は完了です。
他のブリッジインターフェース (ovirtmgmt) 等のいくつかの必要な設定は、後ほど oVirt 管理ポータルからノードを登録した際に、自動的に必要な設定に変更されます。
[root@node01 ~]#
yum -y install http://resources.ovirt.org/pub/yum-repo/ovirt-release41.rpm
[root@node01 ~]#
yum -y install vdsm
 
Tweet