CentOS 7
 

Nagios 4 : 監視対象ホストを追加する#3
2016/09/15
 
ネットワーク内の Windows サーバーも監視対象ホストとして監視可能です。
例として Windows Server 2012 R2 を監視対象ホストに追加します。
[1]
下記サイトより「NSClient++」をダウンロードして、監視対象とする Windows サーバーへアップロードします。
⇒ http://sourceforge.net/projects/nscplus/
[2] ダウンロードした「NSClient++」をインストールします。特に迷う箇所はないですが、一点、インストール中に Nagios サーバーを指定する箇所があるため、 適切なホスト名 または IPアドレスを入力します。パスワードは任意のパスワードで OK です。これは Nagios サーバーから Windows サーバーへ監視接続する際に認証に利用されます。
  正常にインストール完了すると、以下のように「NSClient++」が起動します。 Windows ファイアウォールの設定もインストーラーが行ってくれるため、手動設定する必要はありません。
[3] Nagios サーバー側の設定です。
# EPELからインストール

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=epel -y install nagios-plugins-nt
[root@dlp ~]#
vi /etc/nagios/objects/commands.cfg
# 209行目:Windows 側で設定したパスワードを追記

command_line $USER1$/check_nt -H $HOSTADDRESS$ -p 12489 -v $ARG1$ $ARG2$
-s password
[root@dlp ~]#
vi /etc/nagios/servers/windows.cfg
# 新規作成

# 対象ホストの定義

define host{
       use                      windows-server
       host_name                fd3s
       alias                    fd3s
       address                  10.0.0.100
       }
define hostgroup{
        hostgroup_name          windows-servers
        alias                   Windows Servers
        }
# 死活監視

define service{
       use                      generic-service
       host_name                fd3s
       service_description      PING
       check_command            check_ping!100.0,20%!500.0,60%
       }
# NSClient++ のバージョン

define service{
        use                     generic-service
        host_name               fd3s
        service_description     NSClient++ Version
        check_command           check_nt!CLIENTVERSION
        }
# 稼働時間

define service{
        use                     generic-service
        host_name               fd3s
        service_description     Uptime
        check_command           check_nt!UPTIME
        }
# CPU ロード

define service{
        use                     generic-service
        host_name               fd3s
        service_description     CPU Load
        check_command           check_nt!CPULOAD!-l 5,80,90
        }
# メモリ使用量

define service{
        use                     generic-service
        host_name               fd3s
        service_description     Memory Usage
        check_command           check_nt!MEMUSE!-w 80 -c 90
        }
# ディスクスペース

define service{
        use                     generic-service
        host_name               fd3s
        service_description     C:\ Drive Space
        check_command           check_nt!USEDDISKSPACE!-l c -w 80 -c 90
        }
# エクスプローラー

define service{
        use                     generic-service
        host_name               fd3s
        service_description     Explorer
        check_command           check_nt!PROCSTATE!-d SHOWALL -l Explorer.exe
        }
# IIS

define service{
        use                     generic-service
        host_name               winserver
        service_description     W3SVC
        check_command           check_nt!SERVICESTATE!-d SHOWALL -l W3SVC
        }

[root@dlp ~]#
systemctl restart nagios

[4] 追加設定した監視対象ホストは Nagios 管理サイトにログインすると確認できます。
 
Tweet