CentOS 7
Sponsored Link

Munin : 監視対象ノードを追加する
2015/06/11
 
ネットワーク内の他ホストも監視対象ノードとして監視可能です。
例として「node01」というホストを追加します。
[1] 監視対象ノードに munin-node をインストールして設定します。
# EPELからインストール

[root@node01 ~]#
yum --enablerepo=epel -y install munin-node
[root@node01 ~]#
vi /etc/munin/munin-node.conf
# 37行目:自ホスト名に変更

host_name
node01.srv.world
# 46行目:監視接続を許可するIPアドレスを追記 ( Muninサーバーを指定 )

allow ^127\.0\.0\.1$
allow ^::1$
allow ^10\.0\.0\.30$
[root@node01 ~]#
systemctl start munin-node

[root@node01 ~]#
systemctl enable munin-node
[2] Munin サーバー側で監視対象ノードの定義を設定します。
[root@dlp ~]#
vi /etc/munin/munin.conf
# 最終行に追記

[node01.srv.world]
    address 10.0.0.51
    use_node_name yes
[3] 数分後に Munin の管理サイトにログインすると、以下のように設定した監視対象ノードが表示されます。
 
Tweet