CentOS 7
Sponsored Link

Munin : しきい値の設定
2015/06/11
 
監視対象となる項目はプラグインで設定します。CPU 使用率等の主要なプラグインはデフォルトで有効、且つ、いくつかの項目はしきい値も設定されていますが、 このしきい値を追加・変更したい場合は以下のように設定します。
[1] プラグインは以下で確認できます。
# 現在有効なプラグインは以下の場所に配置されている

[root@dlp ~]#
ls /etc/munin/plugins

cpu                 fw_packets      ntp_kernel_pll_freq  processes
df                  if_err_eth0     ntp_kernel_pll_off   proc_pri
df_inode            if_eth0         ntp_offset           swap
diskstats           interrupts      ntp_states           threads
entropy             irqstats        open_files           uptime
forks               load            open_inodes          users
fw_conntrack        memory          postfix_mailqueue    vmstat
fw_forwarded_local  ntp_kernel_err  postfix_mailvolume

# インストール済みのプラグインは以下の場所に保管されている

[root@dlp ~]#
ls /usr/share/munin/plugins

acpi                      nvidia_
amavis                    open_files
apache_accesses           open_inodes
apache_processes          openvpn
apache_volume             perdition
.....
.....
[2] 現在有効な各プラグインは、手動実行することで現在の値を表示可能です。
# cpu プラグインを実行

[root@dlp ~]#
munin-run cpu

user.value 4262
nice.value 680
system.value 1933
idle.value 1069496
iowait.value 1891
irq.value 0
softirq.value 52
steal.value 208
guest.value 0

# df プラグインを実行

[root@dlp ~]#
munin-run df

_dev_mapper_centos_root.value 4.34168354184342
_dev_vda1.value 25.3611960958576
[3] しきい値の設定は、munin.conf 内の監視対象ノードのセクション内で、以下のような書式で設定します。
⇒ [プラグイン名].[フィールド名].[warning | critical] 下限値:上限値
フィールド名は [2] の例のように、プラグインを手動実行した際に表示される各値の名称のドット前の部分です。
なお、値に指定する下限値と上限値は、いずれかを省略可能です。
[root@dlp ~]#
vi /etc/munin/munin.conf
# 対象ノードに閾値設定

[dlp.srv.world]
    address 127.0.0.1
    use_node_name yes
   
# cpu プラグインの user フィールドの使用率が 80%超過で warning, 90%超過で critical

    cpu.user.warning :80
    cpu.user.critical :90
   
# ルートパーティションの使用率が 80%超過で warning, 90%超過で critical

    df._dev_mapper_VolGroup_lv_root.warning :80
    df._dev_mapper_VolGroup_lv_root.critical :90
[4] メール通知を設定した状態で、設定したしきい値を超えると以下のようなメールが送信されます。
From munin@dlp.srv.world  Fri Jun 12 14:35:07 2015
Return-Path: <munin@dlp.srv.world>
X-Original-To: root
Delivered-To: root@dlp.srv.world
Date: Fri, 12 Jun 2015 14:35:07 +0900
To: root@dlp.srv.world
Subject: Munin-notification for srv.world::dlp.srv.world
User-Agent: Heirloom mailx 12.5 7/5/10
Content-Type: text/plain; charset=us-ascii
From: munin@dlp.srv.world (Munin user)
Status: R

srv.world :: dlp.srv.world :: CPU usage
        CRITICALs: user is 100.38 (outside range [:80]).
 
Tweet