CentOS 7
Sponsored Link

Memcached : インストール
2016/07/18
 
分散型メモリキャッシュシステム Memcached をインストールします。
メモリ上で動作するためデータの読み取り/書き込みが高速で行えますが、Memcached 自身が停止や再起動をするとデータは失われます。
[1] Memcached をインストールします。
[root@dlp ~]#
yum -y install memcached
[2] Memcached の設定は /etc/sysconfig/memcached で変更可能です。
ファイル中に用意されていないパラメーターは OPTIONS="***" へ任意のオプションを追加することで設定可能です。
Memcached 起動時のオプションは「man memcached」で確認できます。
[root@dlp ~]#
vi /etc/sysconfig/memcached
# 待ち受けポート

PORT="11211"
# プロセスオーナー

USER="memcached"
# 最大同時接続数

MAXCONN="1024"
# 最大メモリキャッシュサイズ (単位は MB)

CACHESIZE="64"
# 任意のオプションを指定可

# 例えば、デフォルトでは全インターフェースをリスンするが

# もし 127.0.0.1 のみでリスンするよう変更する場合は以下のように追記する

OPTIONS="
-l 127.0.0.1
"
[root@dlp ~]#
systemctl start memcached

[root@dlp ~]#
systemctl enable memcached

[3] Memcached をデフォルトの全インターフェースをリスン状態で起動して他ホストからも利用する場合 且つ Firewalld を有効にしている場合は、Memcached 設定ポートの許可が必要です。
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --add-port=11211/tcp --permanent

success
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --reload

success
 
Tweet