CentOS 7
Sponsored Link

メールユーザーアカウント登録#2
2017/06/28
 
メール用のユーザーアカウントを登録します。
当例では OSユーザーは利用せず、メール専用の仮想メールユーザーを作成して利用する場合の設定です。
[1]
Postfix の基本設定, および Dovecot の基本設定を実施しておきます。
[2] Postfix と Dovecot へ仮想メールユーザー用の追加設定を実施します。
# 仮想メールボックス管理ユーザー作成

[root@mail ~]#
useradd -u 20000 -s /sbin/nologin vmail
[root@mail ~]#
vi /etc/postfix/main.cf
# 164行目:コメントにする

#
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain
# 最終行に追記

# 複数ドメインを設定する場合はカンマ または スペース区切りで指定
virtual_mailbox_domains = srv.world, virtual.host
virtual_mailbox_base = /home/vmail
virtual_mailbox_maps = hash:/etc/postfix/virtual-mailbox
virtual_uid_maps = static:20000
virtual_gid_maps = static:20000

[root@mail ~]#
vi /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf
# 100行目:追記

auth_mechanisms =
cram-md5
plain login
# 125行目:コメント解除

!include auth-passwdfile.conf.ext
# 128行目:コメント解除

!include auth-static.conf.ext
[root@mail ~]#
vi /etc/dovecot/conf.d/auth-passwdfile.conf.ext
# 8行目:変更

passdb {
  driver = passwd-file
  args = scheme=CRAM-MD5 username_format=%u /etc/dovecot/users

# 13行目:追記

userdb {
  driver = passwd-file
  args = scheme=CRAM-MD5 username_format=%u /etc/dovecot/users

[root@mail ~]#
vi /etc/dovecot/conf.d/auth-static.conf.ext
# 21-24行目:コメント解除して変更

userdb {
  driver = static
  args = uid=vmail gid=vmail home=/home/vmail/%d/%n
}

[root@mail ~]#
vi /etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf
# 30行目:変更

mail_location = maildir:
/home/vmail/%d/%n/Maildir
[root@mail ~]#
systemctl restart postfix dovecot
[3] 仮想ユーザーアカウントを登録します。
[root@mail ~]#
vi /etc/postfix/virtual-mailbox
# 新規登録

# [ユーザーアカウント] [メールボックス]

cent@srv.world   srv.world/cent/Maildir/
ubuntu@srv.world   srv.world/ubuntu/Maildir/
redhat@virtual.host   virtual.host/redhat/Maildir/

[root@mail ~]#
postmap /etc/postfix/virtual-mailbox
# 暗号化パスワード生成

[root@mail ~]#
doveadm pw

Enter new password:
Retype new password:
{CRAM-MD5}9186d855e11eba527a7a52ca82b313e180d62234f0acc9051b527243d41e2740
[root@mail ~]#
vi /etc/dovecot/users
# 新規登録

# [ユーザーアカウント] [パスワード]

cent@srv.world:{CRAM-MD5}9186d855e11eba527a7a52ca82b313e180d62234f0acc9051b527243d41e2740
ubuntu@srv.world:{CRAM-MD5}xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
redhat@virtual.host:{CRAM-MD5}xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
[4]
以上で設定完了です。 登録した仮想メールアカウントでメールの送受信を実施して動作確認してください。
当例に従って設定した場合、メールクライアントに設定するユーザー名はメールアドレスを指定します。

 
Tweet