CentOS 7
 

Yumリポジトリのミラーサーバーを構成する
2017/04/11
 
ローカルネットワーク内に CentOS Yum リポジトリのミラーサーバーを構築します。
ローカルネットワーク内に多数の更新すべきサーバーが存在する場合等では、ローカル Yum リポジトリがあると更新も迅速に進みます。
以下では例として、デフォルトで有効となっている [base], [updates], [extras] リポジトリについてローカルミラーを作成します。
[1]
[2] その他、必要なパッケージをインストールしておきます。
[root@dlp ~]#
yum -y install rsync createrepo
[3] リポジトリとするディレクトリを作成し、CentOS 公式リポジトリからデータをコピーします。 データ量が大きいため、初回コピーには相応の時間がかかります。
# ディレクトリ作成

[root@dlp ~]#
mkdir -p /var/www/repos/centos/7/{os,updates,extras}/x86_64

[root@dlp ~]#
chmod -R 755 /var/www/repos
# 公式リポジトリからデータコピー

[root@dlp ~]#
rsync -avz --delete --exclude='repodata' \
rsync://ftp.riken.jp/centos/7/os/x86_64/ \
/var/www/repos/centos/7/os/x86_64/
[root@dlp ~]#
rsync -avz --delete --exclude='repodata' \
rsync://ftp.riken.jp/centos/7/updates/x86_64/ \
/var/www/repos/centos/7/updates/x86_64/
[root@dlp ~]#
rsync -avz --delete --exclude='repodata' \
rsync://ftp.riken.jp/centos/7/extras/x86_64/ \
/var/www/repos/centos/7/extras/x86_64/
# メタデータリポジトリ作成

[root@dlp ~]#
createrepo /var/www/repos/centos/7/os/x86_64/

[root@dlp ~]#
createrepo /var/www/repos/centos/7/updates/x86_64/

[root@dlp ~]#
createrepo /var/www/repos/centos/7/extras/x86_64/

[4] 公式リポジトリから定期的にデータを更新するよう Cron 登録しておきます。下例では一日一回更新します。
[root@dlp ~]#
vi /etc/cron.daily/update-repo
# 新規作成

#!/bin/bash

VER='7'
ARCH='x86_64'
REPOS=(os updates extras)

for REPO in ${REPOS[@]}
do
    rsync -avz --delete --exclude='repodata' \
    rsync://ftp.riken.jp/centos/${VER}/${REPO}/${ARCH}/ /var/www/repos/centos/${VER}/${REPO}/${ARCH}/
    createrepo /var/www/repos/centos/${VER}/${REPO}/${ARCH}/
done

[root@dlp ~]#
chmod 755 /etc/cron.daily/update-repo

[5] 他ホストからリポジトリが参照できるよう Apache httpd の設定を変更します。
[root@dlp ~]#
vi /etc/httpd/conf.d/repos.conf
# 新規作成

Alias /repos /var/www/repos
<directory /var/www/repos>
    Options +Indexes
    Require all granted
</directory>

[root@dlp ~]#
systemctl restart httpd

[6] Firewalld を有効にしている場合は、HTTPサービスの許可が必要です。
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --add-service=http --permanent

success
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --reload

success
[7] クライアント側からローカルリポジトリを参照するには Yum リポジトリの設定を変更します。以上で完了です。
[root@client ~]#
vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
# それぞれ参照先をローカルリポジトリに変更

[base]
name=CentOS-$releasever - Base
#mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=os&infra=$infra
baseurl=http://dlp.srv.world/repos/centos/$releasever/os/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-7

[updates]
name=CentOS-$releasever - Updates
#mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=updates&infra=$infra
baseurl=http://dlp.srv.world/repos/centos/$releasever/updates/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-7

[extras]
name=CentOS-$releasever - Extras
#mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=extras&infra=$infra
baseurl=http://dlp.srv.world/repos/centos/$releasever/extras/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-7
 
Tweet