CentOS 7
Sponsored Link

Kubernetes : コンテナーノードの設定
2015/12/13
 
Docker コンテナーオーケストレーションシステム Kubernetes のインストールと設定です。
例として、管理ノード 1台と 2台のコンテナーノードでクラスターを構成します。
                       +---------------------+
                       | [   Admin Node    ] |
                       |    dlp.srv.world    |
                       |                     |
                       +----------+----------+
                                  |
+----------------------+          |          +----------------------+
| [       Node01     ] |10.0.0.51 | 10.0.0.52| [       Node02     ] |
|   node01.srv.world   +----------+----------+   node02.srv.world   |
|                      |                     |                      |
+----------------------+                     +----------------------+

 
ここではコンテナーノードの設定を行います。
[1]
[2] 全コンテナーノードに Kubernetes と Flannel をインストールします。
[root@node01 ~]#
yum -y install kubernetes flannel
[3] Kubernetes の基本設定です。全ノードで同様に設定します。
[root@node01 ~]#
vi /etc/kubernetes/config
# 22行目:管理ノードのホスト名 または IP アドレスに変更

KUBE_MASTER="--master=http://
dlp.srv.world
:8080"
[root@node01 ~]#
vi /etc/kubernetes/kubelet
# 5行目:変更

KUBELET_ADDRESS="--address=
0.0.0.0
"
# 11行目:自身のホスト名に変更

KUBELET_HOSTNAME="--hostname_override=
node01
"
# 14行目:管理ノードのホスト名 または IP アドレスに変更

KUBELET_API_SERVER="--api_servers=http://
dlp.srv.world
:8080"
[root@node01 ~]#
vi /etc/sysconfig/flanneld
# 4行目:管理ノードのホスト名 または IP アドレスに変更

FLANNEL_ETCD="http://
dlp.srv.world
:2379"
# docker0 インターフェース一旦停止

[root@node01 ~]#
nmcli c down docker0

Connection 'docker0' successfully deactivated
(D-Bus active path: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/1)
[root@node01 ~]#
systemctl start flanneld kube-proxy kubelet

[root@node01 ~]#
systemctl enable flanneld kube-proxy kubelet

[root@node01 ~]#
systemctl restart docker

[4] 以上の設定完了後、管理ノード上で以下のようにコマンド投入し、各ノードのステータスが Ready となっていれば OK です。
[root@dlp ~]#
kubectl get nodes

NAME      LABELS                          STATUS
node01    kubernetes.io/hostname=node01   Ready
node02    kubernetes.io/hostname=node02   Ready
 
Tweet