CentOS 7
 

mod_proxy を利用する#1
2015/08/03
 
mod_proxy モジュールを有効にして、フォワードプロキシ機能の設定をします。
[1] mod_proxy は httpd パッケージに含まれているため、パッケージの追加インストールは不要です。また、mod_proxy モジュールはデフォルトで有効になっているため、プロキシ設定をするのみで OK です。
# モジュールはデフォルトで有効になっている

[root@www ~]#
grep "mod_proxy" /etc/httpd/conf.modules.d/00-proxy.conf

LoadModule proxy_module modules/mod_proxy.so
LoadModule proxy_ajp_module modules/mod_proxy_ajp.so
.....
LoadModule proxy_http_module modules/mod_proxy_http.so
LoadModule proxy_scgi_module modules/mod_proxy_scgi.so

[root@www ~]#
vi /etc/httpd/conf.d/f_proxy.conf
# 新規作成

<IfModule mod_proxy.c>
   
# フォワードプロキシON

    ProxyRequests On
    <Proxy *>
       
# アクセス許可範囲

        Require ip 127.0.0.1 10.0.0.0/24
    </Proxy>
</IfModule>
[root@www ~]#
vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
# 42行目:リスンするポート変更

Listen
8080
[root@www ~]#
systemctl restart httpd

[2] Firewalld を有効にしている場合は、設定したプロキシポートの許可が必要です。
[root@www ~]#
firewall-cmd --add-port=8080/tcp --permanent

success
[root@www ~]#
firewall-cmd --reload

success
[3] SELinux を有効にしている場合は、ブール値の変更が必要です。
[root@www ~]#
setsebool -P httpd_can_network_relay on

[4]
クライアントのプロキシ設定をして、任意の Web サイトにアクセスしてアクセスできるか確認してください。
 
Tweet