CentOS 7
Sponsored Link

Webサイトアクセスログ解析 - Piwik
2014/09/29
 
Webサイトのアクセスログ解析ツール Piwik をインストールします。
AWStats 等の httpd のログ解析とは異なり、ある1つの Web サイトのログ解析なので、対象となるサイトに指定の Java Script を埋め込む必要があります。
[1]
[2]
[3] Piwik 用のデータベースを作成しておきます。
[root@www ~]#
mysql -u root -p

Enter password:
Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 38
Server version: 5.5.37-MariaDB MariaDB Server

Copyright (c) 2000, 2014, Oracle, Monty Program Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

# 「piwik」データベース作成 ( 'password'の箇所は設定するパスワードを入力 )

MariaDB [(none)]>
create database piwik;

Query OK, 1 row affected (0.00 sec)
MariaDB [(none)]>
grant all privileges on piwik.* to piwik@'localhost' identified by 'password';

Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
MariaDB [(none)]>
flush privileges;

Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
MariaDB [(none)]>
exit

Bye
[4] Piwik をインストールします。
[root@www ~]#
yum -y install php-mysql php-pdo php-gd php-xml
[root@www ~]#
vi /etc/php.ini
# 405行目:適当にメモリ制限を増やす

memory_limit =
512M
[root@www ~]#
wget http://piwik.org/latest.zip -P /var/www/html

[root@www ~]#
unzip /var/www/html/latest.zip -d /var/www/html

[root@www ~]#
chown -R apache. /var/www/html/piwik/tmp

[root@www ~]#
chown -R apache. /var/www/html/piwik/config

[5] SELinux を有効にしている場合は、ポリシーの許可設定が必要です。
[root@www ~]#
setsebool -P httpd_can_network_connect_db on

[root@www ~]#
chcon -R -t httpd_sys_rw_content_t /var/www/html/piwik/tmp

[root@www ~]#
chcon -R -t httpd_sys_rw_content_t /var/www/html/piwik/config

[root@www ~]#
semanage fcontext -a -t httpd_sys_rw_content_t /var/www/html/piwik/tmp

[root@www ~]#
semanage fcontext -a -t httpd_sys_rw_content_t /var/www/html/piwik/config

[6] クライアントPC で Web ブラウザを起動し、「http://(サーバーのホスト名またはIPアドレス)/piwik/」にアクセスすると、以下のような初期設定画面が表示されるので「次へ」をクリックして進みます。 なお、画面例は英語ですが、設定により日本語表示も当然可能です。
[7] システムの確認画面になります。下までスクロールして×となっている箇所があれば、表示の指示に従い修正してください。問題なければ次へ進みます。
[8] データベースの情報を入力します。
[9] データベースの情報が正しければ正常にテーブルが作成されます。
[10] 管理者ユーザーを設定します。任意の名前やパスワードを設定してください。 ただしメールアドレスの欄は実際にインターネット側からメールを受け取れるメールアドレスを入力してください。
[11] アクセス解析をしたい対象のWebサイトの情報を入力します。
[12] JavaScript コードが生成されるので、コードを対象のWebサイトに埋め込みます。
[13] 設定完了です。「Piwik を続ける」をクリックしてログイン画面へ進みます。
[14] ログイン画面です。設定したユーザーでログインしてください。
[15] メイン画面です。以下は全くデータが入っていませんが、データが入ると見た目も操作もなかなか良好です。
[16] 日本語もきれいに表示されます。
 
Tweet